おけいこアルバム

【無料体験会より♪】がんばっているお友達を紹介!【第2弾】

全国の書店やショッピングモールで行われている無料体験イベント。たくさんの子どもたちが遊びに来てくれました♪
 

「おべんきょうしたいです!」

 
体験会中、学研スタッフが誰かにトントンとたたかれました。
まわりを見渡すも、誰もいません。ふと下を見ると、ちょっぴり緊張した女の子が「おべんきょうしたいです!」。
 
そばにいたお父さんを呼んで、さっそく幼児ワークのおためしスタート♪

「おべんきょうが大好き!」という4歳の女の子。ひらがなの練習も、数字の練習もどんどん終えて、「もっとやりたい!!」。

幼児期のお子さんの発達は、個人差が大きいもの。でも、一度興味のスイッチが入ると、力はぐんぐん伸びていきます。そんな時期に、お子さんを飽きさせず、もっともっと夢中を引き出すワークがそばにあると、とっても心強いですよ(*^^*)
 
 

お母さんのヒントで「わかった!」

 
運筆や、ひらがなの問題は難なくクリアした4歳の男の子。
同じ“季節”(春・夏・秋・冬)の絵を、それぞれ線で結ぶ問題で「うーん。」と考え込みます。

そこで、すかさずお母さんが「この前、見たお花はなんだっけ?」「暑い日には、何を食べる?」とヒントを出すと…男の子は「わかった!」と線で結んでいきます。
 
「問題」として捉えると一見難しく見える“ちえ”分野。「日常」の出来事に置き換えてあげると、お子さんも理解しやすくなりますよ♪
 
 

何歳だって、できる! 楽しい!

 
体験会に来てくれるお子さんは、2歳から6歳まで、年齢もさまざま!
でも、ワークをやり終えたあとは、どのお子さんも「できた!」「楽しかった!」とニコニコ顔。そして「えー、もう終わり?」「もっとやりたい!」とせがむ姿に、保護者のかたもびっくり!

「学研の幼児ワーク」は、2歳から6歳までの年齢別ラインナップ。難易度を細かく設定することで、お子さんがつまずきづらく、“達成感”を感じやすい工夫をしています。その達成感が、“学習意欲”につながるんですね(^^)
 
また、体験会で保護者のかたによくいただくのが「年齢よりも下(もしくは上)のものを買ってあげてもいいの?」という質問。
 
幼児期の発達は個人差も大きいので、無理して年齢相当のものに取り組まなくても大丈夫! お子さんが楽しみながら、意欲的に取り組めるものを選んであげてくださいね。

RELATED POST
おけいこアルバム

【親子参観日より♪】「学研の幼児ワーク」無料体験イベント【2017年夏】

2017年8月16日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
毎年夏休みの時期に行われる学研ビルでのイベント。「学研の幼児ワーク」もブースを出し、無料体験イベントを開催しました♪ たくさんの子どたちが遊 …
おけいこアルバム

【無料体験会より♪】がんばっているお友達を紹介!【第3弾】

2017年12月13日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
全国の書店やショッピングモールで行われている無料体験イベント。たくさんの子どもたちが遊びに来てくれました♪ 「かず」の分解、できたよ! …