幼児向け商品紹介

自宅でカンタン! パズルで遊びながら「天才」に⁉ 『5・6・7歳 ひらめき☆天才パズル てんつなぎ』

「脳の発達がめざましい幼児期に頭を使うことが大切」とよく聞きますが、実際に何をしたらよいのかわからない……そんなかたにオススメなのが「5・6・7歳 ひらめき☆天才パズル」シリーズ! 「てんつなぎ」や「まちがいさがし」、「すいり」など6冊が、今週同時発売されました。

 

子どもが大好きな問題で、遊びながら能力をグンとアップできちゃいます♪

 

てんつなぎで「推理力」「集中力」が高まる!

今回は、私、ライターTが6歳の娘といっしょに「ひらめき☆天才パズル」シリーズの「てんつなぎ」に挑戦! 「てんつなぎ」は、数字の順番を理解するだけではなく、出てくる絵を予想しながら次の点を探すことで推理力・集中力を養えるクイズ。また、はなれた位置にある点同士をまっすぐつなぐ作業は、しっかりした線を引く「運筆」の練習にもなるんです。

 

 

まずは1~10までをつないでいく簡単な問題からスタート。 女の子の絵が描かれたかわいいページの点をつなぎながら、「何が出てくるんだろうね」とワクワク♪ 10までつないで花柄の傘が完成すると、「かわいいね~」とニッコリです。これで火がついたのか、「もっとやりたい!」とページをめくり、「イチゴ」、「クリームソーダ」、「かたつむり」……と次々絵を完成させていきます。

 

ページが進むにつれ、点の数が「10」から「15」、「20」と徐々に増えて、最後は「100」まで! 「100」までくるとかなり時間がかかりますが、口に出して数を数えながら最後まで夢中でやっていました。ほうきに乗ったかわいい魔女が出てくると、「すごーい!」とうれしそうな笑顔に。数を覚えるだけではなく、集中力も身についたようです。

 

さらに、巻末には「点つなぎ迷路」の問題も。これは、京都大学で世界初の「パズル学」博士号を取得したという東田大志先生からのスペシャル問題で、数字の順番に通ると道が絵になる楽しいパズル! 通る道、通らない道を見きわめながら解くことで、思考力が鍛えられます。

 

楽しくて手ごたえのあるパズルをすることで、脳がどんどん元気に。頭を使う楽しさを知ることは、「天才」への第一歩です!

 

●書籍情報こちらから
https://hon.gakken.jp/book/1020477700

RELATED POST
幼児向け商品紹介

【好きな食べ物No.1】世界初! 全問題「おすし」の幼児ドリル誕生♪~お子さんの好きなネタランキングも発表!1位は黄色いあのネタ?

2019年4月27日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
「平成」から「令和」という新時代に突入するこの時期にふさわしい!? 新しすぎるドリルが誕生しました! その名も「おすしドリル」3歳/4歳 …
幼児向け商品紹介

創造力と想像力に効く立体パズル「学研のニューブロックであそぼ!」

2017年11月30日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
小2と3歳の男児を育てているライターのSです。次男の通う幼稚園では毎日、子どもたちが学研のニューブロックを使ってさまざまな“作品”を作ってい …