幼児向け商品紹介

迷路やクイズで、楽しく世界地図を学べる!―遊べる図鑑絵本『世界地図の迷宮』

日本が過去最多のメダルを獲得した平昌オリンピック。もうすぐ小学生になる6才の娘は、「これはどこの国の選手なの?」と、初めて聞く世界各国の名前にも興味シンシン! そこで、遊べる図鑑絵本『世界地図の迷宮』を読みながら、世界のことについて楽しく学んでみました♪
 

初めて世界地図を学ぶのにピッタリ!

 


『世界地図の迷宮』は、迷路やさがし絵、かくし絵、クイズで遊びながら、世界のことを楽しく学べる図鑑絵本。

 

まず娘は、世界を旅する仲間として登場するキャラクター選びに夢中に。「私は茶々になるから、ママはピンクちゃんになってね!」と役柄を決めると、ページをめくっていざ世界の旅へ出発です。

 

南アフリカ、西ヨーロッパ、北アメリカ……と、地域のブロックごとに分かれた地図は、その土地の動物や特産物、食べ物や自然などが描かれて、見た目にも楽しい雰囲気。迷路好きの娘は、スタートからゴールまでをたどりながら夢中です。さらに、「あっ、ここに茶々とピンクちゃんがいるね!」と地図に描かれたキャラクター探しも楽しみます。その他にも、地図の中から描かれたものを探す「さがし絵」や、「かくし絵」、「地球温暖化で絶滅が心配されている白いクマは?」などのクイズに答える「ものしりクイズ」など、各ページに遊びながら勉強できるしかけがいっぱい!

 

漢字にはすべてふり仮名がついているので、未就学児から小学生まで幅広く楽しむことができるのもうれしいポイント。いろいろな活用の仕方があるので、くり返し遊ぶことで世界の名前だけでなく、建造物や動物、地域の特色まで学ぶことができる1冊です!

 

●書籍情報はこちら
https://hon.gakken.jp/book/1020359000

 

 

 

 

RELATED POST
幼児向け商品紹介

学研のひらがなアプリ、試してみました♪

2017年3月31日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
4月には幼稚園に入園するのに、ひらがなにあまり興味がないママライター・Sの次男。 同級生にはひらがなが全部読める子もいるようですが、母も「3月生まれだしね…」と油断しがちでな …
幼児向け商品紹介

『あたまがよくなる!図鑑』ってどんな図鑑?

2017年3月27日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
頭も体も日々成長する幼児期に、脳の力を鍛えることはとても大切。「だけどどうやって、頭を鍛えればいいの?」と思っているママとパパに紹介したいのが、『あたまがよくなる!図鑑』です。  …
幼児向け商品紹介

3月3日は桃の節句。「節句」って何か知ってる?―『ふれあいしぜん図鑑 春』より

2018年3月2日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
3月3日は桃の節句。節句って何か知ってる? 女の子の健やかな成長を願う桃の節句、別名雛祭り。雛人形を飾ったりして、華やかな年中行事です …