正しい姿勢

【動画で解説】よい文字を書く「正しい姿勢」

小学校入学までに身につけたい力、1位ひらがな。飽きずに続けられるポイントは?
子どもが飽きずにお勉強を続けるポイントと、子どもが自分から勉強をしたくなる工夫がいっぱいのワーク『3~4歳 かいて けせる ひらがな』についてご紹介します。
詳しくはこちら→

お勉強をするとき、お子さんの姿勢はどうなっていますか?
「正しく座ってほしいけど、教え方がわからない」という親御さんも、多いのではないでしょうか。

正しい姿勢は、きれいな文字を書くことはもちろん、お子さんの発育にもとっても大切です。そこで、正しい姿勢での座り方を、動画でまとめました!

ぜひお子さんといっしょにやってみてくださいね。

 

正しい座り方の合言葉は「ペタン・ピン・ポン」の3つ

【1】
まずはお尻全部がいすにのるように深く腰をかけます。
そして足の裏を地面に「ペタン」とくっつけます。

足が床にとどかない場合は、台をおいて調節しましょう。

【2】
次に背すじを「ピン」とのばします。

【3】
最後に、太ももの上に、手を「ポン」と置きましょう。

このとき、机とおなかの間は、にぎりこぶし1こ分くらい空いていたらバッチリです。

「ペタン・ピン・ポン」の3つの合言葉をいつも意識して、正しい姿勢で座りましょう♪

 

監修:舟山由美子(ふなやま・ゆみこ)

東京都の現役小学校教諭。
長年の小学生の指導経験に基づいた、
教育・子育てアドバイスに定評がある。