はさみの使い方

【動画で解説】安全に使うために「はさみの正しい持ち方と上手な使い方」

幼稚園や保育園で使用し、好きな子も多い「はさみ」。
「チョキチョキ楽しそうに切ってくれるのはいいけど、
あぶなっかしくてケガをしないか不安……」というかたも多いのではないでしょうか。

 

実は、はさみなどの道具を使うことは、指の器用さ(「巧緻性(こうちせい)」といいます)を育てるのに、大変効果的なんです。

また、指先を動かすことで、脳機能も活性化します。

それなら、早いうちからはさみを使わせて、しっかりマスターしてほしいと思いますよね。
そこで、はさみの正しい持ち方と上手な使い方を動画にまとめました。
ご参考にしてください。

以下でも解説していきます。

まず、はさみを使うときの注意点です。

幼児さんとする「はさみのおやくそく」

ケガをしないために、また人を傷つけないために、次のことを守りましょう。

・大人のいるところで使う
・座って使う
・はさみの先を人に向けない
・切る部分を触らない

 

はさみの正しい持ち方

使用するとき

小さい穴に親指を、大きい穴に人さし指と中指を第一関節くらいまで入れます。
(4本で持つほうが動かしやすければ、大きい穴に薬指を入れてもOKです。)
はさみを閉じたり、開いたりして、指をならしましょう。
※左利きの場合は、左利き用のはさみを使います。
 

持ち運ぶとき

持ち運ぶときは、はさみの先を自分に向け、刃を手のひらで握ります。

 

はさみの上手な使い方

まずは1回切りから

細長い小さな紙を、「チョキン」「チョキン」と1回で切る練習をします。

このとき、はさみを持っていないほうの手で、紙を正面にもち、ひじは体につけます。

次は連続切り

1回切りができるようになったら、次は連続切りに挑戦しましょう。
長い直線を切るときは、はさみを閉じきる前に開き、閉じきる前に開き、と切っていきます。

このとき、はさみを、奥に動かすのではなく、紙を手前に移動させて切ります。

丸(円)を切る

丸を切るときもはさみの場所はそのままで、紙をくるくると回して切ります。


丸を切れるようになったら、はさみを上手に使えるようになったといえるでしょう。

がんばったお子さんを、ぜひ褒めてあげてくださいね!

あわせて読みたい
工作をして、楽しいしかけで遊べるワーク5歳の娘を持つママライター・Tです。娘は工作が大好きで、毎日幼稚園から大量の制作物を持ち帰ってきます(笑)。学研の幼児ワーク「4~6歳 ...

※はさみを使うワーク
学研の幼児ワーク 3~4歳 こうさく
学研の幼児ワーク 4~6歳 こうさく
はじめての きるおけいこ 2・3歳
はじめての きるおけいこ 2・3歳 おかわり