知育ミニ情報

【脳科学者・篠原菊紀先生に聞いてみた!】「音読」が脳に効くヒミツ ~脳が活性化するってほんと? 頭がよくなる音読のススメ~

みなさんのお子さんは、もう「音読」デビューしましたか?
小学校の国語の宿題でおなじみの「音読」ですが、
いまや、幼児期から音読にチャレンジするご家庭も増えているのだとか。

「絵本の読み聞かせのとき、短いセリフ部分は子どもに読んでもらう」
「4歳の娘が、弟に読み聞かせをしている。
 文字は完全には読めないけど、大人が読んでいるのを覚えたみたい」
など、多くは「絵本の読み聞かせ」の延長で音読をスタートするそうですが…

「幼稚園で論語を音読している」
など、ハイレベルな音読にチャレンジしているお子さんも…!!

みなさん、どんな効果を期待して、音読に取り組んでいるのでしょう。

音読に期待する効果ナンバーワンは「脳の活性化」!

3~5歳のお子さんを持つかた303人に
「幼児期の音読に期待する効果」を聞いてみたところ、
67%のかたが「脳を活性化させたい!」と回答しました。

脳のことなら、脳科学者の先生に聞くのがいちばん!! ということで、
多くの幼児教材の監修をされ、テレビでも大活躍中の篠原菊紀先生に、
脳の活動にフォーカスした「音読の効果」について聞いてきました♪

監修/篠原菊紀(公立諏訪東京理科大学 教授)

音読すると、脳のどの部分が活性化するの? どんな力が伸びる?

編集部
編集部
こんにちは、篠原先生!

単刀直入に聞きます。
音読で「脳が活性化する」って本当ですか?

篠原先生
篠原先生
もちろん、音読で脳の活動は高まるよ。
ただ、ひとえに「音読」といっても、
その段階ごとに、脳のどの部分が活性化するかは変わるんだ。
順を追って、見ていこう。

1.前頭前野に効く!~初めて読む文章を音読しているとき~

初めて読む文章や、難しい文章など、慣れない音読をしているとき、
脳の「前頭前野」の活動が高まります

篠原先生の脳マメ知識

前頭前野とは

ここは、知的活動の中枢!
記憶を一時的に保持する力にも関係しているよ。

前頭前野と頭頂連合野が関わり合いながら実現する機能に
「ワーキングメモリ」というものがあります。

ワーキングメモリとは、
記憶や情報を組み合わせ、答えを導き出す機能のこと。
この力が、「学力」「頭の良さ」に結びつくとも考えられています。

2.大脳辺縁系に効く!~読み慣れた文章を音読しているとき~

何度も読んだ文章を心地よく音読しているとき、
すなわち手慣れた音読をしているときは、
残念ながら、前頭前野の活動は、ほぼ消失してしまいます。
そのかわりに、「大脳辺縁系」の活動が高まってきます

篠原先生の脳マメ知識

大脳辺縁系とは

気持ちや感情、快感に関わる部分だよ。

大脳辺縁系の活性は、
心を養ったり、感情表出のメカニズムを鍛えたりするのに効果的。
表現力感情の理解力などを高めるといえるでしょう。

3.側頭頭頂接合部(角回)に効く!~内容に想いをはせて音読しているとき~

さらに段階を進み、相手の気持ちを想像したり、
文章の裏側にある世界を頭に思い浮かべながら音読しているとき、
「側頭頭頂接合部(角回)」の活動が高まります

篠原先生の脳マメ知識

側頭頭頂接合部(角回)とは

想像力に関わる部分だよ。
この部分を損傷すると、
比喩を理解できなくなってしまうんだ。

文に書かれていることの向こう側にある、見えないものを見ようとすることは、
側頭頭頂接合部(角回)を刺激し、
想像力を鍛えるための根本活動となるでしょう。

★ここまでのまとめ

1.初めて読む文章を音読しているとき
前頭前野に効く ⇒ 頭がよくなる!

2.読み慣れた文章を音読しているとき
大脳辺縁系に効く ⇒ 表現力が育つ!

3.内容に想いをはせて音読しているとき
側頭頭頂接合部(角回)に効く ⇒ 想像力が育つ!

編集部
編集部
段階ごとに、
脳の活性化する部分や、伸びる力は変わるんですね!

でも「頭がよくなる」のは、
初めての文章を音読するときだけなのかぁ。

篠原先生
篠原先生
いやいや、読み慣れた文章でも、
頭のよさにつながる音読をすることは、もちろん可能だよ。
編集部
編集部
!!!!!
その方法、教えてください!!

篠原菊紀先生 直伝! 頭がよくなる音読のススメ

その1 音読の難易度をあげていく

初めて挑戦するときには脳活動が高まり、慣れるにつれて弱まっていく。
それは、どんな活動にもいえることです。

大切なのは、慣れてきたら少しずつ難しくしていくような
ステップアップモデルを、おうちのかたが用意してあげること。

ピアノも、1曲弾けるようになったら、次のより難しい曲に挑戦するし、
国語の教科書だって、どんどん文が長く、難しくなっていきますよね。
音読も、それと同じです。

たとえば…

・ひとつの文章に慣れてきたら、
「次は、もう少し速く読んでみよう」
「今度は、気持ちを込めて読んでみよう」と声かけ

・文を見ながら読む ⇒ (文を見ずに)暗唱する

・カルタなどを使って音読に取り組む場合は、
いろはカルタ ⇒ ことわざカルタ ⇒ 百人一首
など、徐々に難易度の高いアイテムにする

その2 双方向性の音読をする

アメリカのデータベース『ライジングインテリジェンス(※)』をまとめた論文は、
双方向の読み聞かせは、IQを向上させると結論づけています。
音読にも同じことが言えるでしょう。

たとえば…

・ひとつの文章の中で、
親が読む ⇒ 子どもが読む ⇒ ……
と、交互読みをくり返す。

・おはなしを音読したら、続きのストーリーを
親がつくる ⇒ 子どもがつくる ⇒ ……
と、おはなしのつくり合いっこをくり返す。

おはなしのつくり合いっこは、手元に本がなくてもできるので、
寝る前のコミュニケーションにもおすすめ!
お母さんの脳トレにもなりますよ♪

相互関係があればOKなので、
お子さんが音読したら、「わ~、すごい!」と反応してあげるだけでもかまいません。
これなら忙しいときにもできそうですね。

(※『ライジングインテリジェンス』…IQを上げるためには、幼児期にどんなことをする必要があるかを調べたデータベースのこと。)

その3 聴衆や、主人公の気持ちを想像する

親子で音読するなら、相手の気持ちを想像して、
ひとりなら、聴衆を思い浮かべたり、主人公の気持ちを想像したりしながら、
音読をしてみましょう。

そうすることで、側頭頭頂接合部(角回)の活動が高まり、
想像力を育てることは、前の章でもお話ししました。

それに加え、「相手の気持ち」を想像することは、
ワーキングメモリを鍛えることにもつながります。

単に拾い読みしているだけなのか、
それとも音読を通して、頭の中で主人公が踊っているのか、
お子さんの音読の様子を、よく見てあげましょう。

篠原菊紀先生 推薦! 脳に効く音読アイテム

基本的には、楽しく取り組めるものであれば、なんでもOK!

脳へのアプローチという観点では、こちらがおすすめです。

『3~4歳/5~6歳 楽しみながら脳を活性化させる
おんどくれんしゅうちょう』
(学研プラス刊)

推薦ポイント

・読んだ文章が、次のページで穴埋め問題2択問題といった応用問題になっていたりと、自然にステップアップしていく構成。
消えた文を呼び起こす、というのも、ワーキングメモリを鍛えるのにうってつけ!

・物語を思い浮かべながら、ぬりえめいろに取り組むことで、
側頭頭頂接合部(角回)の活動が高まり、想像力UP!

『3~4歳 楽しみながら脳を活性化させるおんどくれんしゅうちょう』(学研プラス刊)
https://hon.gakken.jp/book/1020490200

『5~6歳 楽しみながら脳を活性化させるおんどくれんしゅうちょう』(学研プラス刊)
https://hon.gakken.jp/book/1020490300

さいごに 

いちばんは、好きになること。最初の3回は必ずほめて!

幼児期はとくに、無理にやらせるのではなく、
音読を好きになることが、なにより大切。

「読んだら、ほめる」をくり返すことで、行動と快感が結びつき、
「本を見たら、読みたくなる!」というやる気のスイッチが生まれます。
もちろんこれも、脳科学で証明されていることです。

お子さんが音読をしたら、最初の3回は必ずほめてあげましょう。

そのあとは、「ほめ慣れ」が起きるので、適当に(笑)
(厳密には、50~70%の確率でほめてあげるのが理想ですが)
気付いたときにほめてあげれば、だいたいちょうどよくなるものです(^^)

音読に限らず、何事も
おうちのかたが横にいて、こまめにほめてあげること。
それがなにより大切です。

 

 

 

 

 

RELATED POST
知育ミニ情報

クリスマスを親子で楽しもう! 100円ショップの材料で、かんたん & かわいい ランタン作り

2018年12月7日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
毎日のくらしや子育てを楽しむアイディア、お子さんとの風景をinstagramにアップし、14人万人以上のフォロワーをもつきなこさん。 クリス …
知育ミニ情報

子どもと一緒に頭の体操!簡単おもしろダジャレなぞなぞ10問♪

2019年3月29日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
おでかけ先でもお家でも、みんなで盛りあがろう!なぞなぞ10問 楽しみながら知識が身についたり、考える力や発想力が育まれたり…「なぞなぞ」は …
知育ミニ情報

~文字に親しみ、世界を広げる~ 『最新版 ひらがなが大好きになる育て方』

2018年9月21日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
いまや多くの家庭が小学校入学前にひらがなの学習を始め、読み書きができるようになる時期は、年々早まっているようです。 少子化によって、幼児教 …