知育ミニ情報

【京大パズル博士からの挑戦3】ほうせきをあつめよう(条件めいろ)

京都大学パズル博士・東田大志先生が考えた、こどものためのパズルに挑戦!
論理的思考力がぐんと伸びるオモシロ問題を紹介しちゃいます!
出典:東田はかせの京大こどもパズル 3 バナナのなぞ(パズル3)

ほうせきをあつめよう

スタートから ゴールまで、ぜんぶの ほうせきを ひろって いきましょう。
●もんだい1

●もんだい2

*ヒント
最初に、宝石から道が2本しか出ていないところを探します。
その宝石を拾うためには、この2本の道は必ず通ります(宝石の部屋に、入って、出るため)

……かんがえて みよう(答えは、ちょっと下)……

わかったかな?

答えは、
●もんだい1

●もんだい2

京大こどもパズル 3 バナナのなぞには、もっと難しいほうせきパズルがのっているよ。


ちょっと難しいのがオモシロイ!
楽しいパズルがいっぱいつまった「京大こどもパズル」シリーズは、全国書店で発売中!

https://hon.gakken.jp/book/1020507200

フルーツカラーの表紙が目印です。次回の挑戦は9月11日(金)! お楽しみに!

あわせて読みたい
パズルで頭が良くなるって本当?!京大パズル博士・東田大志さん(「ひらめき☆天才パズル」制作協力)幼い頃からパズルが大好きで、好きが高じて京都大学で独自に、学問として「パズル」を研究されていたという、東田大志さん。日本初の「パズル学」...
RELATED POST
知育ミニ情報

【京大パズル博士からの挑戦2】たのしかった! どうぶつえん(推理パズル)

2020年9月4日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
京都大学パズル博士・東田大志先生が考えた、こどものためのパズルに挑戦! 論理的思考力がぐんと伸びるオモシロ問題を紹介しちゃいます! 出典 …
知育ミニ情報

《パパママ必見》英語教育は5歳までに始める?やっぱり早いほうがよいの?

2018年10月16日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
グローバル化が進み、国際共通語でもある英語の必要性がますます高まってきています。 小学校では2020年度から3・4年生の「外国語活動」がス …