知育ミニ情報

【京大パズル博士からの挑戦2】たのしかった! どうぶつえん(推理パズル)

京都大学パズル博士・東田大志先生が考えた、こどものためのパズルに挑戦!
論理的思考力がぐんと伸びるオモシロ問題を紹介しちゃいます!
出典:東田はかせの京大こどもパズル 4 メロンのなぞ(パズル8)

たのしかった! どうぶつえん

どうぶつえんに いった、かなさんの はなしを きいて、どの じゅんばんに どうぶつを みたか、あてましょう。

……かんがえて みよう(答えは、ちょっと下)……

わかったかな?

答えは、


ちょっと難しいのがオモシロイ!
楽しいパズルがいっぱいつまった「京大こどもパズル」シリーズは、全国書店で発売中!

https://hon.gakken.jp/book/1020507200

フルーツカラーの表紙が目印です。次回の挑戦は9月9日(水)! お楽しみに!

あわせて読みたい
パズルで頭が良くなるって本当?!京大パズル博士・東田大志さん(「ひらめき☆天才パズル」制作協力)幼い頃からパズルが大好きで、好きが高じて京都大学で独自に、学問として「パズル」を研究されていたという、東田大志さん。日本初の「パズル学」...
RELATED POST
知育ミニ情報

2020年開始! 小学校の「プログラミング教育」 いったいどんな力が身につくの? 体験する方法は?

2019年8月29日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
最近、よく見聞きする「プログラミング教育」。 ここ数年、プログラミングは、親が子どもにさせたい習い事ランキングの上位にあがるなど、 …
知育ミニ情報

毎日ちょっとの読み聞かせが子どもの頭をよくする~「対話式」で絵本の時間をもっと楽しく!~

2019年12月3日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
毎日、絵本を読むと、「言葉の貯金箱」がいっぱいになっていくのだそうです。1日のちょっとの時間だけでも、絵本に触れてみませんか …
知育ミニ情報

プログラミング教育ってなに?なぜ小学校で必修化するの?~目的や実践例についてもご紹介~

2019年5月23日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
2020年度から始まる小学校での「プログラミング教育」。 2019年の今、「プログラミングって難しそう…」「そもそもプログラミングって何? …