営業部アキの育児日記

子連れ外食は大変…平和に過ごすための5つの工夫♪

小学校入学までに身につけたい力、1位ひらがな。飽きずに続けられるポイントは?
子どもが飽きずにお勉強を続けるポイントと、子どもが自分から勉強をしたくなる工夫がいっぱいのワーク『3~4歳 かいて けせる ひらがな』についてご紹介します。
詳しくはこちら→

こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。
こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。

★過去の話はコチラ

毎日家族の食事を作って食べさせて、片付けて、明日の食事の仕込みをして……とがんばっているみなさん!
たまには外でおいしいご飯を食べて、息抜きしたいですよね!?
でも、小さい子どもと一緒だと外食はハードルが高くて……と悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、わが家の“お外ごはん事情”をお話したいと思います。


▲子育てに忙しい毎日、たまにはゆったりと食事を楽しみたい、でも、現実は……。

子連れ外食で一番大切なのは、事前のリサーチ!

以前にもお話しましたが、わが家のパパは土日がお仕事。
土日のランチくらい、ごはんを自分で作りたくない~と思っても、
ハル(4歳)とマナ(2歳)&わたしの3人で外食となると、様々な難関が立ちはだかります!
マナが生まれる前は、ハルがベビーカーでお昼寝している間にサクッとカフェで食事をして……なんていう贅沢もできたのですが、
ハルもマナも大人と同じ時間に食事ができるようになった今は、そんなランチも夢のまた夢(遠い目)。

とはいえ、わたしだってラクをしたい!!! そしてたまにはおいしいご飯を子どもと楽しみたい!!!!
ということで、ときどきですが、外食の贅沢を自分に許しています。

子どもと外食をするときは、何よりも事前のリサーチが大切ですよね。
お店を選ぶときにわたしが重視しているのは、次の4つです。

★「子ども可」かどうか
――ランチタイムはハードルが低めとはいえ、子どもNGのお店も多数。
HPに「子どもOK」と書いてあっても、お店側が想定している「子ども」の年齢が小学生以上ということもありますよね。
やはり参考になるのは、ママ友の口コミ。ママ友情報がなくて不安なときは、その都度お店に問い合わせて、なるべく未就学児に優しいお店をチョイスするようにしています。
★子ども向けメニューが充実しているか
――お店が提供しているお子さまメニューがハルにはピッタリでも、マナには多すぎることも。
取り分けプラスαで頼める単品メニューが豊富なお店や、取り分け用に大盛り対応をしてくれるお店は、助かります♪
★野菜メニューが充実しているか
――子どもにとってもちょっぴり“スペシャル”な外食は、普段は食べない食材に挑戦させるいいチャンス!
食べられるものの種類や味覚の幅を広げる場としても、活用できるお店を選んでいます。
★オムツ換えスペース、授乳スペース、キッズスペースなどがあるか
――どんなタイミングでどんなことが起きるか読めないのが、子連れ外食の一番の心配事。
突然のウ●チや空腹、遊びたいアピールにも柔軟にこたえてくれるショッピングモールのレストランは、わたしの強い味方です♪


▲キッズスペースがあるショッピングモールは、ママパパの強い味方!最近はレストランに併設されているところもあるので、助かっています。

そんなこんなで、わたしがよくハル&マナを連れていくのは、
★らくちんコース → ファミレス、バイキング、ショッピングモール
★ちょっぴり贅沢コース → カフェ、お蕎麦屋さん、近所の行きつけのビストロ
★記念日やお友だちとの食事などのスペシャルコース → ホテルや百貨店のレストラン
という感じ。

“ちょっぴり贅沢コース”でうかがうお店は、店員さんに顔を覚えていただいていることもあって、安心して食事ができるので、
仕事でとっても疲れていて「今夜はご飯作るのムリ!」というときは、子どもと3人で立ち寄ることも。
ちなみに夜、パパと一緒に外食をするときは、ファミレスや回転寿司に行くパターンが多いです。

どんなに準備をしても避けられない子どもの不機嫌。そんなとき、どうする!?

しっかりリサーチして選んだお店でも、ようやく食事をオーダーしたと思ったら、ハルの機嫌が悪くなる。
そして食事が出てきたと思ったら、マナが遊び食べを始める……というのが、わたしの外食のお決まりのパターン(泣)
幸い、ハル&マナはお店の中を走り回ったりするタイプではないのですが、
食事を待っている時間をいかに平和に過ごすかは、毎回の課題です。

そこで絵本やお絵描き帳、シールブックなどの“子どもが飽きたとき用グッズ”を常備しているのですが……。そんな準備をしていても①お店に入ってからオーダーするまで→②食事が出てくるまで→③自分以外の人が食べ終わるまで
という3つの難関をクリアするには、常備グッズだけではどうにもならないときもあり……(-_-;)

月齢や年齢、お子さんの性格などによって対応は違うと思いますが、食事を楽しむためにわたしが編み出した作戦はこちら♪

①お店に入る前に、気持ちと体の準備を整える
オムツをしている月齢なら、お店に入る前にお尻をスッキリさせるだけでも効果大!
「遊びたい!」モードが収まらないときは、お店に入る前に公園で一休みするだけでだいぶ気持ちが落ち着きます。
②オーダーから食事の提供まで時間がかかりそうなときは、事前にアメなどをパクリ
お腹が空いているのに、すぐご飯が出てこない! という状況で子どもにストレスがかかるのは当たり前!
お店に入る前にアメなどを食べて、空腹を少し抑えておくのも効果的です。
③“常備おもちゃや絵本”に飽きたら、紙ナプキンなどを活用!
紙ナプキンや箸袋は広げるだけで折り紙に大変身!
箸袋でいろいろな種類の箸置きを折ったり、布おしぼりでペンギンやうさぎを作ったりしても時間が潰せます。
④どうしてもダメなときは、スマホが出動!
万策尽きたときに、やはり頼れるのはスマホ。
写真を見せるだけでハルもマナも大満足なので、その間に自分の食事を済ませています。
⑤早めの諦めも肝心!
子どもが不機嫌→自分が不機嫌→周囲の人に迷惑をかける、というパターンに陥るくらいなら、外食を諦めることも。
実は前に一度、オーダーをキャンセルできるか店員さんに確認し、お詫びをしてお店を出た経験があります(泣)。その時は店員さんも気遣ってくれて、支払いなどは発生しませんでしたが、迷惑な客だったろうな……と猛反省。失敗からたくさん学んで、今のスタイルに至ります。


▲常備グッズは絵本や、色えんぴつ、おもちゃなど。お気に入りのものが変われば入れ替えたりしています。

いろいろ工夫はしていますが、外食は「半分満足、半分ぐったり」という気分で終わることのほうが多い現状(涙)。
わたしも子どもも「おいしかったね。またお外でご飯を食べようね♪」
と言って食事を終えられる日は、来るのでしょうか……? いや、きっと来る!!!
いつか来る“その日”まで、子育て中のみなさん、一緒にがんばりましょうね!

◆おまけ◆

絵本営業担当アキのオススメ お出かけの本♪

「テーブルマナーの絵本」作:高野紀子/あすなろ書房 1600円(税別) ――知っておきたい和・洋・中のテーブル作法を、イラストをふんだんに盛り込んでわかりやすく紹介するテーブルマナー本。かわいい動物たちの絵柄でやさしいタッチの描写+ルールが割とこまやかなので絵本というより図鑑(図解?)的です。大人が見ても参考になります。最後の章に外食時マナーについても書かれていて、子どもたちと反省会することもしばしば(笑)。

 

「ノラネコぐんだん おすしやさん」著:工藤ノリコ/白泉社 1200円(税別)――人気のノラネコぐんだんシリーズ、第3弾! まわるおすしが気になったノラネコぐんだんが、夜中にこっそりおみせにしのびこみ……。「大好きなネコ達×回転寿司、最高~!」と言わんばかりに、マナがハマった絵本。猫たちの飽くなき悪知恵と反省する姿にいつも大笑いです!

 

「あたまがよくなる! なぞなぞようちえん」監修:篠原菊紀 作:近野十志夫/学研プラス 720円(税別)――知ってたらじまんできちゃう、むずかしいなぞなぞが、たっぷり290もん。今、ハルは“なぞなぞブーム”到来中! この本は、とっても簡単なものから少し難しいものまで、バラエティに富んでいるので楽しく過ごせます♪ 外食だけでなく、病院での待ち時間などにもおすすめです。
RELATED POST
営業部アキの育児日記

賛否両論のスマホ育児…!!我が家では、お勉強系の子ども向けアプリを上手に活用中♪

2018年9月7日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。 こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。 ★ …
営業部アキの育児日記

おむつバイバイ!トイレトレーニングで学んだ心構え♪

2018年5月22日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは! 先月からこちらで“育児あるある日記”を書かせていただいております、学研の児童書販売担当で2児(3歳と1歳の娘)のママ …
営業部アキの育児日記

子どもの喜ぶ顔が見たい!!夏のおでかけは水遊びスポットへ♪

2018年8月3日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。 こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。 ★ …