営業部アキの育児日記

はじめてのオーストラリア旅行!!これだけはおさえておきたい、子連れ海外旅行のポイント♪

こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。
こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。

★過去の話はコチラ

以前お話させていただいた通り、
この夏、ハル(4歳)とマナ(2歳)と一緒に初めての“子連れ海外旅行”に行ってまいりました。
★旅行準備についての記事はコチラ

子連れ海外旅行を計画中の方の参考になるかどうかはわかりませんが、わが家の珍道中をお話しします。


▲オーストラリアでの初めての朝、フェリーポートで遊ぶマナ。朝焼けがきれいでした。

事前準備はカンペキ!? さぁ出発!!

行き先はオーストラリアのケアンズ
3泊5日の日程をざっくりと説明すると……

1日目●夜の便で成田空港を出発
2日目●早朝にケアンズ着
朝イチのフェリーで、グレートバリアリーフに浮かぶ「グリーンアイランド」に移動
宿泊者用のアクティビティに参加
3日目●グリーンアイランドでワニ園&シュノーケリングなどを体験
午後、フェリーでケアンズに戻りショッピングモールで買い物
レストランで夕食を取り、4つ星モーテルに宿泊
4日目●朝食後、キュランダ村や動物園を回る現地ツアーに参加
夕方、アボリジニディナーショーへ
3日目と同じモーテルに宿泊
5日目●朝食後、空港に移動
正午の便でケアンズを出発、19時に成田空港着


▲ワラビーのエサをあげるハルとマナ。

今回は、九州に住むわたしの両親も参加する3世代旅行。
自由度を優先した結果、旅行会社のツアーではなく、飛行機もホテルもわたしが個人で手配。
ホテルを選んだ基準は、子どもに負担をかけない&他の方に迷惑をかけないこと。
比較検討の結果、グリーンアイランドは、ホテル内でいろいろなアクティビティが楽しめるリゾートホテルに。ケアンズ市内では、部屋が“一軒家”状態で子どもたちが多少騒いでも大丈夫なモーテルにしました。

今回宿泊したリゾートホテルで体験できるアクティビティは、
シュノーケリング、グラスボート、サンセットツアー、星空&動物観察などなど。
大荷物を持って移動する必要がないし、疲れたらすぐに部屋に戻って休めるので、子連れ旅にはオススメです。

初の海外旅行で心配したことの結果は!?

さて、旅行に行く前にわたしが心配していたのは、以下の5点。

①長時間の飛行機移動、他の乗客に迷惑をかけずに過ごせるか?
②食事に子どもたちが対応できるか?
③英語圏&日本とは違う環境で、子どもたちが不安にならないか?
④アクティビティや現地ツアーを、子どもたちが楽しんでくれるか?
⑤旅行中に体調を崩したりしないか?

実際どうだったかというと……。

動画のおかげでご機嫌に過ごせた飛行機移動♪
行きの飛行機は夜間飛行だったので、家を出る前に子どもたちをお風呂に入れ、寝る体制を作ってから空港へ。
マナは飛行機が離陸してしばらくしたら爆睡!
起きている時間が少々長かったハルも、動画を観て静かに過ごすことができました
準備していったシールブックなどは、帰りの便で大活躍!! 
マナは帰りもしっかり眠ってくれて、本当に助かりました♪

初めての食材にドキドキだったお食事タイム
カンガルー肉は味付けが合わず×でしたが、ワニ肉やエミューなどの淡白な味の食材は意外と◎で、しっかり食べていました!
さらに、ホテルの朝食ビュッフェで、ミツバチが巣に貯蔵した自然のままの状態のハチミツ(巣ミツ)を気に入ってしまったハル。
巣ミツからハチミツを切り取って食べるのが初めてだったので、その作業が楽しかったらしく、巣ミツの前から動かなくなっていました。

ただし、さすがオーストラリア!
食事の量がボリューミー&油がタップリで胃もたれが……(涙)。
最終日の夜に行ったアボリジニディナーショーのビュッフェに置いてあったおみそ汁(Japanese miso soup)が、
子どもたちはもちろん、わたしの両親にも大好評でした。
マナ用に離乳食のレトルトは持参していたのですが、大人用にもレトルトのおみそ汁やお吸い物、ご飯も持っていけばよかった!
どんなに美味しいお料理を前にしても、ソウルフードには敵わないなぁとしみじみ感じました。


▲ハルのお気に入り、巣ミツ。ハチミツというより、スウィーツみたいでおいしかったです!

英語を使う機会、実はそんなになかった!!
ケアンズは日本人が多いエリアなので、レストランなどは日本語のメニューが置いてある店がいっぱい
モーテルはチェックインしてしまえば、家族以外と会話をする機会はほぼゼロですし、
買い出しに行ったスーパーでも、基本的に英語は不要。
4日目の現地ツアーも日本語ガイド付きのものを選んでいたこともあり、
英語がわからなくて困るようなシチュエーションは、ほとんどありませんでした

ハル&マナも母の心配をよそに、お店や道端で現地の方に挨拶をされたら「ハーイ!」と返したり、
ときにはバイバイをしてみたり。
自分たちとは雰囲気が違うと感じながらも、「怖い!」みたいな反応はなかったので、安心しました♪


▲モーテル近くのスーパーで。日本にはない野菜を見つけて2人とも興味津々♪

ハル、ウェットスーツを着るのにひと苦労!!
わたしはグレートバリアリーフでシュノーケリングをするのを楽しみにしていたのですが、
夫もマナも両親も、「飛行機の移動に疲れた」とホテルに到着後はお部屋で昼寝をセレクト。
ハルだけでもきれいな海を見てほしい!と、シュノーケリングのセットを借りたのですが、
ウェットスーツを着るのが予想以上に大変で、ハル、離脱!!!
思わぬところに落とし穴があるものですね……。
とはいえ翌日、水着にライフジャケットで浅瀬でのシュノーケリングを楽しみましたよ♪

でも、8月のオーストラリアは季節的には冬。
海から上がったときは、予想以上に寒く感じました。
長袖の上着と子ども用の巻きタオルを持って行って、大正解!
荷物が多少かさばっても、はおりモノを持っておくと安心だな、と再確認しました。

病気をせずに帰ってこられたのが一番!!

▲小さいワニを恐る恐る触るハル。「柔らかくてすべすべで、気持ちよかった」と言っていました。

コアラを抱っこしたり、ワニやカンガルーに触ったり、ふだんはなかなかできない体験ができたのも、
もちろんうれしかったのですが、
やはり風邪をひかず、お腹も壊さず、旅行を終えられたのが一番ほっとしました!!
帰国後もハルもマナも元気に過ごしているので、それだけで母としては十分でございます。

海外旅行の反省点とよかったこと♪

レトルトの食事の他に、「持っていけばよかった!」と後悔しているのは、ガイドブックです。
なんでもネットで調べられるから、必要ないだろうと思っていたのですが、
今思うと、せっかくの旅行なのにスマホに向かっている時間がもったいなかった!
Wi-Fiがつながりやすいとは限らないですし、欲しい情報を探すのに時間がかかってしまうなど、ガイドブックで調べたほうが早かったと思う場面が、何度かあり……。
荷物になるからと思ったのですが、1冊でいいから持っていけばよかったと、反省しております( ˃ ˄ ˂̥̥ )

逆に持っていってよかったのは、靴
旅行に履いていった靴とは別に、少々荷物になるのは覚悟のうえで
海用のサンダルとスニーカーを家族分持参したのですが、
そのお陰で、海でも山でもストレスなく過ごすことができました。

旅行した当時は3歳と1歳だったハルとマナ。
いろ~んなことを経験しましたが、果たしてどれくらい覚えていてくれるのか……
と思うと遠い目になってしまいますが、わたしにとってはかけがえのない思い出
2人が大きくなったときに「こんなことがあったよ~」と話してあげるのが楽しみです♪

◆おまけ◆
絵本営業担当アキのオススメ 旅にまつわる絵本♪

「うわのそらいおん」 作・絵:ふくながじゅんぺい/金の星社 1,300円(税別) ――魚を食べれば海、街の音を聞けば楽器で頭の中がいっぱい。ついつい想像がふくらんでしまう、うわのそらいおん。「またぼーっとして」と、怒るママライオンを見て今度は赤い物でいっぱいに!? 空想の世界に浸っているライオンの姿が愛らしい、2人の大好きな絵本のひとつです。昨年の上野ブックフェアで一目ぼれし、作家さんの名入れサイン(&その場リクエスト動物コラージュつき)でゲット。「子どもの頭の中ってこんな感じなのかな~?」と親目線でもクスっと笑える絵本です(笑)

 

「ボンボとヤージュ」作・絵:ザ・キャビンカンパニー/学研プラス 1,500円(税別) ――新米冒険家ボンボとヤージュが、はじめての冒険に出発!でも、宝物とは何かに悩んでしまった2人は、出会う人々に宝物についてたずねていきますが……。 子どもたちは宝物探しのお話にワクワクですが、それ以上にこの独特の絵柄に見入っています。ときどきページを開こうとすると、「待って!」と止められることもしばしば……とくに迷路のようなページは滞在時間が長いです(笑)。

 

「ペンギンクルーズ」作:のはなはるか/くもん出版 1,400円(税別) ――ダンスフロアに映画館、プールまである大きな船に乗って、ペンギンの3匹家族と、52匹のペンギンたちが、南の島へのクルーズの旅に出かけます。南の島で過ごしたあと、島の夜にまっていた特別な出来事とは……。 個性ゆたかなペンギンたちの旅の物語が、ぎゅっと凝縮された、何度読んでも発見がある絵本です。とにかくペンギンたちが超かわいい! とくにマナがハマっています!

 

RELATED POST
営業部アキの育児日記

移動時間に大活躍のおすすめの持ち物!夏休みは子連れで海外旅行へ♪

2018年6月26日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。 こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。 ★ …
営業部アキの育児日記

子どもの喜ぶ顔が見たい!!夏のおでかけは水遊びスポットへ♪

2018年8月3日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。 こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。 ★ …
営業部アキの育児日記

壮絶な送り泣きに、困惑…!入園後の不安や、その対処法って?

2019年3月19日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは。学研の児童書の販売担当で2児のママのアキです。 こちらで子育ての悩みや“育児あるある”をお話させていただいています。 ★ …