育児ミニ情報

【入学前にチェック!】子どもの防犯対策&安全教育~どう教える?どう鍛える?防犯力

幼児期の子どもは、できるだけ一人にしないよう、親は気をつけるものです。が、ちょっとした隙に姿を見失ったり、知らない人としゃべっていたりして、ドキッとした経験は誰しもあるでしょう。

また、一年生になると、子どもだけで登下校したり、友だちの家に遊びに行ったりと行動範囲が広がり、親の目がとどかない場面も増えてきます。

親が「防犯対策」をきちんと考えるとともに、子ども自身にも「安全教育」をしていくことが大切です。

幼児期に「自分の身を守る」ことを、どう教えたらよいのか、危機管理教育研究所の国崎信江さんにうかがいました。

監修/危機管理教育研究所 代表 国崎信江

イラスト/ユキミ

子どもを「一人にしない」が大前提!
家族で安全ルールを作る

子どもを危険な目にあわせないためには、

子どもが「一人きりになる場面」をできるだけ作らない

子ども自身にも「自分の身を守る」意識をもたせる

とが重要です。

そのためには、家族構成やライフスタイルに合わせたわが家の安全ルールを作っておくとよいでしょう。基本的には、

  1. 子どもが一人にならないためのルール
  2. 万が一、一人になってしまったときの約束

の両方が必要です。

1.(ルール)一人になる場所には行かない!

●トイレ(必ず親と一緒に行く)

●人のいない場所(スーパーの階段や人通りの少ない道など)

●人が隠れられそうな物や壁などが多い場所(公園や駐車場など)

 

2.(約束)一人になってしまったら、守ってね

●迷子になったら、その場を動かずに、大きな声でママ(パパ)を呼ぶ

●知らない人が「一緒に探してあげる」と言っても、ついていかない

●近づいてくる車があったら、離れる

●家族以外の人と話すときは、手を伸ばしても届かないくらい離れて話す

●留守番のときに、玄関のチャイムや電話が鳴っても出ない

もし、一人で歩かなければいけない場合は、誰かに話しかけられないように早足で歩くこと。

そして、時々振り向いて、変な車や人がついて来ていないかどうかを確認することも、あわせて伝えましょう。

家庭ごとに、家族構成や周りの環境なども違います。

普段、どういう場所に出かけるのか、どういう危険が考えられるのか、などを考慮して、わが家の安全ルールを作っていきましょう。

ただ、あまり細かいルールをたくさん作ってしまうと、大事な項目が見落とされてしまうことも。無理のない範囲で考えましょう。

「知らない人」「知らない人の車」は、実は子どもにはわかりにくい

子どもに伝える際に気をつけたいのが、「大人と子どもには言葉や理解度に違いがある」という点です。

言葉選びと、伝え方に気をつけないと、親が思うレベルで、子どもは身を守れていないかも?

「知らない人」ってどんな人?

親が「知らない人とは話さない」と伝えたとき、子どもと親の「知らない人」という認識には、ズレがあるかもしれません。

例えば、よく散歩に出かける公園で、犬の散歩をしているおじさん。親からすれば「知らない人」ですが、子どもは「よく見る人だから、知っている人」と思っているかもしれません。

一度、知っている人の名前を挙げながら、親子で確認してみるとよいでしょう。

また、子ども自身は知らなくても、相手が何らかの理由で子どもの名前を知っていたり、調べていたりする可能性も。

「○○くん!」と名前で呼びかけられたりすると、子どもは「知っている人だ!」と思い込んでしまう恐れがあります。

以下のような人は、子どもが気を許してしまいがち。注意が必要です。

制服を着た人
犬などのペットを連れている人
母親と似た年恰好の女性
若い女性
祖父母くらいの人
自分より年上の子ども
通園時にいつも会う人
同じマンションに住んでいる人…など。

「知らない人の車に乗らない」という言い方も、子どもにはわかりにくいものです。

むしろ、誰の車になら乗っていいのか、を伝えたほうがよいかもしれません。

例えば、両親と祖父母だけ、などと具体的に名前を挙げれば、子どもも判断しやすいでしょう。

困っている人がいたら、どうしたらいいの?

「人には親切にしましょう」と教わっている子どもなら、困っていそうな人から話しかけられたら、なんとかしようと思ってしまうかもしれません。

でも、大人は本当に困っている時には、どもには助けを求めないものです。

だから、「何か頼まれてもお話ししないで、その人から離れてもいいんだよ」と伝えましょう。

子どもの親切は、自分の家族やお友だちにできれば十分。

知らない人の困りごとは、別の大人に任せても不親切にはならない、と話せば、お子さんも安心でしょう。

子どもが「安全ルール」を理解しやすくなるポイント

「わが家の安全ルール」を作り、子どもに身につけさせていくにはいくつかのポイントがあります。

ポイント1)実際に体を動かしながら

例えば外を歩きながら「一人で歩くときはこれくらいの早足がいいね」「時々、振り向いてね」などと、実際に体を動かしながら伝える方法は、子どもにわかりやすくて◎。

ポイント2)なぜ、そのルールが必要か

ルールを親が一方的に決めて「この通りにしなさい」と押しつけるのは、あまり意味がありません。

なぜそのルールが必要なのか、その理由を説明しましょう。

意味がわかってはじめて、そうした行動を主体的にとることができるようになります。

ポイント3)親の都合でルールを変えない

「今日は時間がないから…」などと、親の都合で勝手にルールを変えずに、常に一貫した態度でいることも大事。子どもは、親の様子をよく見ているものです。

ポイント4)危険や恐怖を強調し過ぎない

また、心配だからと「こんな怖いことが起きるかも…」と、危険や恐怖を強調し過ぎるのもNG。いざというときに、恐怖のあまり動けなくなってしまうことも。

ポイント5)何度も根気よく

ルールを決めたからといって、すぐに守れるものではありません。

感情的に強く叱ってしまってはダメ。叱られた経験があると、何かあったとしても、次から親には隠してしまうことも。それだけ親の対処が遅れてしまいます。

何度も根気よく伝えていくことが大切です。

 

【監修】
危機管理教育研究所代表
国崎信江(くにざき のぶえ)

危機管理教育研究所
http://kunizakinobue.com/

 

危機管理教育研究所代表、危機管理アドバイザー。国や自治体の防災関連の委員を務め、現在は講演活動を中心に、メディアへの情報提供のほか、被災地での支援活動を継続して行う。女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。主な著書に、『犯罪から子どもを守る50の方法』(ブロンズ新社)、『犯罪から身を守る絵事典』(PHP研究所)、『わが家のチャイルドセキュリティ あらゆる危険から我が子を守るQ&A』(一ツ橋書店)などがある。

RELATED POST
育児ミニ情報

小学校入学前の子どもへの、お金の価値の教え方~「お金の教育」してますか?~

2019年11月26日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
電子マネーで支払うとポイント還元!など、世の中では「キャッシュレス化」が加速中で、「お金の価値」がわかりにくくなっています。小学生になると、 …
育児ミニ情報

販売解禁された「液体ミルク」って?メリット、デメリットは?

2019年4月4日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
2018年8月に、日本国内での製造・販売が可能となった「液体ミルク」。この3月には、国内メーカーが発売を開始しました。 保育者にとって …
育児ミニ情報

【上手な子どもの叱り方】伝え方を変えると子どもが見違える! 叱っても自己肯定感が育つポイント7

2019年10月10日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
前回は、子どものほめ方を紹介しましたが、一方で、叱り方についても気になるところ。 「うるさく言いすぎだろうか」と不安になったり、「子どもに …