育児ミニ情報

子どもの“困った”8つの行動~子育てのイライラを軽くする、上手な対応方法とは

さまざまなシーンで見かける、子どもの“困った”行動に、イライラはつのるばかり…。
でも、子どもの行動の背景がわかれば、意外と落ち着いて対応できるかもしれません。

幼児教育ジャーナリストの西東先生に、上手な対応の仕方を教えていただきました。

お話/西東桂子先生(幼児教育ジャーナリスト・元育児情報月刊誌編集長)

 

1 【同じことを繰り返す】→とにかく冷静に

まずは、「子どもは何回言われてもわからないイキモノだ、子どもに悪気はない」と認識して、冷静になるところからスタートしましょう。

そのうえで、「私の伝え方がこの子に合っていないのではないか」と検証する気持ちも大切。

言い方を変えてみたり、他のママ・パパの言い方をリサーチしたりして、わが子のタイプに合う伝え方を探してみてください。

2 【口答えをする】→疑問形で叱るのをやめる

「なんでこういうことをするの?」など、疑問形で叱っていませんか?
「でも○○だもん」「だって○○だったから」などという子どもの言葉は、言い訳というより、理由を答えているだけなのです。
疑問形で叱らず、伝えたいことを冷静に話すようにしましょう。

また、「嫌だ」と言うのは子どもなりの意見や思いがあるからで、聞いてもらえれば案外気が収まるものです。
まずは本人の言い分を聞いてあげましょう。

3 【自己主張が強い】→限度を決めて大目に見る

2~3歳児は、自我が芽生える時期なので、「こうしたい」と強く主張してきます。
それに対して、「だめ」「また今度にしなさい」などと叱りがちですが、忍耐力はあまりないので、「このくらい我慢できたらあとは大目に見る」というスタンスでいるのがよいでしょう。

「思いを主張できるほど言語力がついた」と思えば、成長を喜べます。

4 【ウソをつく】→まずは言い分を聞いてみる

幼児はウソをつくことで、相手にどんな影響を与えるのか、まだわかりません。

「人に信頼されるには、ウソをつかないことが大事なんだ」「でも信頼関係を保つためや、相手を傷つけないためのウソもあるんだ」と、本当の意味での「ウソ」が理解できるのは、小学校の高学年になってから。
4歳くらいまでは、「叱られるのが怖いから、ウソはつかないようにしよう」と思い、5~6歳くらいでは、「とにかくウソはいけないようだ」と思っています。

人の迷惑にならない他愛のないウソなら、厳しく叱らなくてよいでしょう。

手を洗っていないのに「洗った」、そんな手を抜きたい言い訳のときは、「ママは洗うところを見ていないなぁ」などと、大人にその手のウソは通用しないという態度で接します。

自分が叱られないためや人のせいにするウソなら、「なぜそんなことを言ったの?」と子どもの言い分を聞いたうえで、「それはいけないことだよ」と諭します。
また、たとえば自分から兄弟や友だちを叩いたのに、「△△ちゃんが先にぶった」と相手のせいにするなら、「△△ちゃんはそう思っていないみたいだよ」と、相手の立場で考えられるような言葉がけもしましょう。

5 【弟や妹をいじめる】→親の関心を引きたいと理解

弟や妹をつねったり、転ばせたり…。
特に下の子がまだ赤ちゃんのときは、ママを取られたと思って焼きもちを焼いている状態です。
こうした赤ちゃん返りのときは強く叱ったり、「もうしない」と約束させたりしても、上の子の気持ちが収まらない限り、繰り返してしまうでしょう。

そんな行為が見られたら、「親の関心を引きたいんだな」と理解し、上の子により手をかけるつもりで接してください。
いけないことをしたら「やめなさい」ときっぱり言うことは必要ですが、そのあとに「一緒に積み木をしようか」と誘ったり、寂しそうな表情をしていたら「おいで」と声をかけて抱っこをしてあげたりと、甘えさせることも忘れないで。

やがて気持ちが安定して、下の子の面倒をみてくれたら「○○ちゃん(下の子)も喜んでいるね。ママもうれしいわ」とほめてあげましょう。

6 【食事に集中しない】→環境を見直す

食事に集中できないときは、まずは環境の見直しを。
子どもの椅子とテーブルの高さが合っているかチェックする、気が散らないようにテレビを消す、スマホを食卓に置かない、といったことも大切です。
食事をしながら、家族の会話を楽しめるとよいですね。

遊び食べが始まった場合は、「それじゃあ、おしまいにしようね」とさっさと片付けてしまうのも手です。
あとでおなかが空いたら、次の食事までの時間を考えて量を加減し、同じものを出してもいいのです。

好き嫌いは年齢が上がると解消することも多く、あまり神経質にならなくてもいいと思います。
調理のお手伝いをしてもらい、「洗ってくれたニンジン、おいしいね」などと声をかけて、食材に関心を向けるきっかけにしてもよいでしょう。

7 【公共の場で騒ぐ】→事前にどういう場所か伝える

公共の場でのマナーは、理由とともに事前に話しておきましょう。
たとえば電車やバスなら、「揺れる乗り物の中では、動き回ると危ないよ」「疲れている人や眠りたい人も乗っているから、静かにしようね」など。
飲食店なら、「お店は楽しく食事をする場所で、大声で話したり走り回ったりする場所ではないよ」などです。

出かける前に「電車で騒ぐのはいいこと? いけないこと?」などとクイズ形式で確認し、自分で答えを考えられるようにすると、記憶に残りやすくなります。
さらに、乗車や入店する前に「ここではどうするんだっけ?」と、もう一度思い出せるよう声がけも忘れずに。
静かにしていられたら、しっかりほめてあげてください。

それでも、子どもの集中力は長くは続きません。
限界を迎える前に電車を一度降りる、食事を終えたら早めに席を立つなど、子どもの様子に合わせて大人が動くことも必要です。
集中が切れて騒いでしまっても、「途中までよく頑張れたね」とほめることで、次回の頑張りにつながります。

8 【友だちの物を取る・壊す】→物から気をそらせる

低年齢の子は、興味があるのは人よりも物。
友だちの見慣れないおもちゃを使ってみたくて取り上げる、作っている物に触ってみたくて結果的に壊してしまう、ということもあります。
「お友だちの物でしょ。黙って取ってはダメだよ」と繰り返し伝えていくことは大事ですが、気持ちを抑えることはまだまだ難しいものです。

この場合、ママ・パパがわが子と向き合って遊んで、物から気をそらせるのが得策です。

5~6歳になると、「悪いことは、してはいけない」と自覚できるようになり、危ないことやマナーに反する行為はぐっと減ってきます。
代わりに友だち関係が広がり、仲間同士のトラブルが多くなります。

すぐに介入して自分の子を叱るなど、結論を出すことを急がず、子ども同士で考えて解決策を導く様子を見守る、ゆとりをもちましょう。

 

あわせて読みたい
【上手な子どもの叱り方】伝え方を変えると子どもが見違える! 叱っても自己肯定感が育つポイント7前回は、子どものほめ方を紹介しましたが、一方で、叱り方についても気になるところ。 「うるさく言いすぎだろうか」と不安になったり、「子ど...
あわせて読みたい
【失敗しないほめ方】~後からほめても遅い!  流行りの「ほめる子育て」の勘違いとは?最近の子育ては「ほめて伸ばす」。小さいうちから自己肯定感を高め、主体的に行動できるようになるための育て方だと言われています。 でも...
RELATED POST
育児ミニ情報

5分でわかる〝児童手当〟~「何歳まで?」「所得制限って?」よくある疑問にお答えします!

2019年2月22日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
子どもが生まれるともらえるお金のひとつ〝児童手当〟。「なんとなく支給を受けているけれど、実は制度のことをよく知らない」という方も多い …
育児ミニ情報

「幼稚園」と「保育園」の違いって?どっちがいいの?何歳から?(入園資格や預け時間等を解説)

2018年11月6日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
秋は園選びの季節。幼稚園の説明会が開かれたり、認可保育園の申し込み時期だったりと、来春の入園を目指すママやパパは慌ただしい日々を過ごしている …
育児ミニ情報

入学前までに身につけたい!ひらがな学習を始めるときのポイント3つ

2019年3月13日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
4月は入園&入学の季節。幼稚園や小学校への入園や入学準備のために、ワークやドリルなどのおけいこを始めてみようと考えている方も多いので …