育児ミニ情報

【アンケート結果】「幼児教育無償化」って正直どう思う?賛成or反対? ママやパパの本音をご紹介

2019年10月から、幼児教育・保育の無償化の実施が決定しました。(2019年2月12日閣議にて[子ども・子育て支援法改正案])

今年の10月から始まる「幼児教育無償化制度」

これまでのりんごちゃんのおけいこラボでは、「幼児教育無償化とはどういうものか」「対象になるもの・ならないもの」を解説してきました。

あわせて読みたい
さくっと知りたい「幼児教育無償化」 どういうもの?対象は?いつから始まる? 2019年10月から、幼児教育・保育の無償化の実施が決定しました。(子ども・子育て支援法改正案が閣議にて決定。)※2019年2月...
あわせて読みたい
「幼児教育無償化」無償になるもの・ならないもの徹底解説!給食費や預かり保育料は?2019年2月12日に閣議決定された「幼児教育無償化」。 幼児教育無償化とは、2019年10月から実施され、3歳~5歳児は原則全世帯を...

今回は、幼児教育無償化をみなさんがどう感じていらっしゃるか、アンケート調査(※)を行い、周りにはなかなか聞けない(?) ママやパパたちの気になる本音をまとめました。
※アンケート調査:モニプラファンブログ「学研の幼児ワーク」編集部調べ 2019年4月実施/204名回答

ママ&パパの本音~アンケート結果
幼児教育無償化についてどのくらい知っていますか?

今回アンケートにご協力いただいたのは、0~5歳のお子さんをもつかたがた。
さっそく結果を見てみましょう。

  • 無償化が開始される時期はご存知ですか?
  • 無償化の対象年齢はご存知ですか?


「幼児教育無償化」の時期や対象年齢については、「知っている」「なんとなく知っている」が大半を占めています。

  • 補助の金額についてはご存じですか?
  • 無償化の対象になるもの・ならないものはご存じですか?

金額や対象となるものに関しては、あいまいのかたも多いようですが、みなさんの関心の高さがうかがえます。

幼児教育無償化に賛成?反対?

  • 幼児教育無償化制度に賛成ですか、反対ですか?

結果は、63%が「賛成」で、12%が「反対」
賛成でも反対でもなく、「どちらともいえない」判断しかねるというかたが25%でした。

幼児教育無償化について「賛成」の理由

「賛成」の理由については、「家計の負担が減るから」という意見が多いようです。

  • 「賛成」と答えた方。理由を以下の近しいものからお選びください。(複数回答)

上記のほかには以下のような意見がありました。
●今まで手が届かなかった幼稚園に行ける可能性があるから。
●子どもの好きなことに、その分お金をかけてあげられるようになるから。

幼児教育無償化について「反対」の理由

続いて「反対」の理由です。

  • 「反対」と答えた方。理由を以下の近しいものからお選びください。(複数回答) 

保育士不足の問題や待機児童については、早急に解消してほしい課題だとみなさん切実に感じられているようです。

その他の「反対」の理由には、以下のようなものも。
●幼児教育の無償化よりも、塾や大学費用の援助を先にしてほしいから。
●子どもの養育費くらい親が出して当然だと思うから。
●裕福な人が得をすると思うから。

幼児教育無償化について「どちらともいえない」の理由

最後に「どちらともいえない」と答えられたかの意見です。

  • 「どちらともいえない」と答えた方。理由を以下の近しいものからお選びください。(複数回答)

「実施前で実感がまだないから」という理由が多いようです。

その他の意見として、さまざまな理由が挙がりました。
●本当にこの取組みが、将来の日本にとって必要なものなのかまだよくわからないから。
●無償化になる代わりに消費税が上がり、結局負担になってしまうから。
●まだ内容をよく知らないから。
●私立幼稚園の補助金が無くなる分、実質負担は変わらないように思えるから。
●結果的に待機児童の増加に繋がりそうなので、無償化にしても意味がないのではと思ったから。

正直どう思う?みんなの意見を聞かせて!

いただいたみなさんの意見や疑問、思うことなどを抜粋してご紹介します。

家計が助かります

私が住んでる地域は、私立幼稚園しかなくお金がかかっていたので、無償化になるのは助かります。
●無償化にならなければ支払う予定だった教育費は、教材を購入したり貯金をしたりと娘のために使おうと思います。
●これからまだ出産予定もあるので、少しでもお金がかからないようになる方が家計も助かります。
●双子だった長男のとき、2人分の幼稚園の支払いの負担がとても大きく感じ、保育園を選択しました。幼稚園へ通うことへの補助もあるのは良いことだと思います。
●いろいろな事情で共働きしたくても出来ない人もいるので。無償化は、もっと早くしてほしかったです。

子どものためになりそう

●幼児教室の講師をしていて、ワーキングプアのシングルマザーも何人かみていました。お金がないから…と、小学生まで集団生活を送れずに問題児となってしまう子どもいました。無償化自体は大賛成です。
未来ある子どものために税金を使うのが、未来の日本の投資で一番意味のある使い方だと思いました。
少し高そうな幼稚園にもチャンスがありそうなので、ぜひフル活用してみたい。

特に変化がない人も。

●現在住んでいる区が、既に補助が手厚いため、無償化後もそれほど保育料が変わらないようです。あまり嬉しい気持ちはなれません。
●幼稚園はもともと収入により補助がありましたし、補助がなかった人が得をするので、どうなのだろうか?とも思います。
●世帯収入的にあまり得をする対象ではないので、あまり興味はありません。世帯収入が高い家でも何かメリットがあればいいのですが…。

保育士の待遇改善(や待機児童問題解決)が先

無償化は幼稚園や保育園に入れていればの話。代わりに無償化の費用を、待機児童を減らすために先生の賃金をアップしたり、人材確保したりと事前準備に役立ててほしい気持ちがあります。
●身内に保育士をしている人がいます。保育士は労働の負担の割に給料が低いと聞いています。お金がかかっている今でこそ低いのに、無償化にした場合の保育士さんの負担や、減給などにならないかが心配です。
●個人的な意見として、教育費用は子どもの将来の投資費用だと考えています。 多少お金がかかっても、子どもの為に一生懸命な先生達のお給料をあげて欲しいです。
●幼稚園教諭時代、朝は7時前で帰宅は夜10時。そこから日案を書いたり制作物を作ったり…睡眠時間は4時間とかで休日出勤もあったり、日曜日は死んだように眠っていました。無償化だけにフォーカスを当てるのではなく、その背景やサポート体制まで変えるべき
●無償化よりも、全員幼稚園や保育園に入園できるようにしてほしいです。私は実際幼稚園に落ち、2年保育に通わせています。

人気の園がさらに人気に…

全てが無料になると、良質な幼稚園に集中して今まで通りの幼稚園生活が送れなくなりそうで不安です。
負担が減ることによって、人気不人気の園が今まで以上にはっきりしそうだなーとも思います。実際、友人は月謝が高めだけど人気の幼稚園に入りたいみたいです。(無償化がなければ諦めてると言っていました)

その他

保育園では3歳児クラスから無償化で、幼稚園は満3歳から無償化になるのが納得できません。我が子は4月生まれの保育園児なので、ほぼ4歳になるまで無償化になりません(泣)。それに、一番お金がかかる0歳から3歳までが除外されたのも悲しいです。
医療費の負担が軽減されることで、問題ない程度でも直ぐに病院にかかる、といった例もあるように、親の子育てに関する質も下がってしまうように感じる
●利用料以外にかかる制服なども、(全額ではなくても)家庭の経済状況によって自己負担が少なくなればいいなあと思います。園に入園できても経済的に苦しい人もいるはず。
幼児期の教育は、はっきり言ってそんなにお金はかかりません。 中学~大学の完全無償化を実現させてほしい
国が率先して動き出したことはプラスなことで、これから県や市が、保育園や幼稚園を増やしていく努力をしていくべきでは?と思います。

まとめ~メリット・デメリット~

居住区域や家庭環境によって意見の相違もあるようですね。
アンケートを踏まえて、「メリット」と「デメリット」と思われることを、編集部でまとめてみました。

【メリットと感じられること】
保育料が理由で園に通わせられなかった家庭も、就学前から集団生活を送ることができ、平等に教育を受けられる。

家計の助けになる。場合によっては、保育料に使っていた費用を、習い事など別のことに回せられる。

費用が高く手の届かなかった幼稚園にも、通わせられる可能性がある。

など

【デメリットと感じられること】
入園の競争倍率が上がり、ますます待機児童が増えるのではという懸念がある。

保育士の待遇改善や待機児童問題などの課題が見送られているのではという心配がある。

もともと補助がなかった家庭のみ、得をすると感じられる。

など

10月からの幼児教育無償化実施に向けて、自治体の情報などをチェックし、正しく理解しておけるとよいですね。

内閣府「子ども・子育て本部」
https://www8.cao.go.jp/shoushi/

あわせて読みたい
さくっと知りたい「幼児教育無償化」 どういうもの?対象は?いつから始まる? 2019年10月から、幼児教育・保育の無償化の実施が決定しました。(子ども・子育て支援法改正案が閣議にて決定。)※2019年2月...
あわせて読みたい
「幼児教育無償化」無償になるもの・ならないもの徹底解説!給食費や預かり保育料は?2019年2月12日に閣議決定された「幼児教育無償化」。 幼児教育無償化とは、2019年10月から実施され、3歳~5歳児は原則全世帯を...

 

 

 

RELATED POST
育児ミニ情報

クリスマスを盛り上げる♪折り紙でつくる簡単かわいい「さんかくサンタ」

2018年12月21日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
お部屋の飾りつけや、オーナメントにもなりそうな、形がかわいい!「さんかくサンタ」の折り方をご紹介♪ 1 半分に折る  …
育児ミニ情報

【医師監修】今年も大流行中! インフルエンザの症状 ~潜伏期間は? ワクチンや新薬ゾフルーザについても~

2019年2月13日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
毎年12~3月ころに流行するインフルエンザ。感染力が強いことでも有名ですね。 家族みんなで発症…なんてことにならないよう、症状などをきちん …
育児ミニ情報

新時代の離乳食って?分量・時期、気になる月齢別の進め方について~教えて!Q & Aも~

2019年6月13日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
乳幼児期の食事は、授乳から離乳食、幼児食へと大きく変化します。 離乳食にはいろいろな段階があり、手間や時間もかかりますが、お子さんの成長を …