育児ミニ情報

はじめて教える、箸の持ち方【子どもとお箸トレーニング】

鉛筆と同様、お子さんには正しく持ってもらいたいお箸。

しかし、正しい箸の持ち方を教えようとしても、うまくポイントが伝えられなかったり、しつこく角度を直して嫌がられたり…変な持ち方をしてるけど、食べ物が持てるからいいか、と正しい持ち方に直すのを後回しにしていませんか。

ここではお子さんが正しく箸が持てるように、お子さんにあった箸の選び方と、正しい持ち方に導く、かんたんなお箸トレーニング をご紹介します。

お子さんにあった箸の選び方

手の大きさにあった長さの箸を選びましょう。

箸は長すぎても短すぎても扱いづらく、持つのに疲れてしまいます。

手にあう箸とは、親指と人差し指が90度になるように大きく開き、その間の長さを約1.5倍したものといわれています。

絵・岡村治栄

かんたん3ステップで、持てるようになる

いきなり2本の箸を持たせようとせず、段階をふんで練習してみましょう。3ステップで必ず持てるようになります。

  1. 親指以外を動かす体操(準備体操)
  2. 下の箸を固定する
  3. 上の箸は鉛筆のように持つ

【1】親指以外を動かす体操(準備運動)

お箸を使うとき、親指は支えるために使われるのであまり動きません。

それ以外の指を動かすことで、お箸を閉じたり開いたりします。

ですから、まず最初は、親指を動かさずにそれ以外の指をたおす指の体操をしてみましょう。

まげのばしをなめらかにくりかえせるようになれば、お箸の動きの準備はバッチリ。

【2】下の箸を固定する

正しくお箸を持つと、 下の箸はあまり動きません。

写真のように箸を1本はさんでみましょう

親指で、上からぐっとおさえると、箸がしっかり固定されます。

お子さんに写真のように持たせたら、おうちのかたが箸を軽くつまんで、動かしてみましょう。

ぽろりと落ちてしまわなければOK。きちんと箸に力が伝わっています。

【3】上の箸は鉛筆のように持つ

上の箸は、鉛筆と同じ持ち方をします。

★鉛筆の持ち方はこちら→【動画】鉛筆の正しい持ち方~くせも矯正できる 子どもへの指導ポイント

大切なのは、鉛筆を持ったつもりで、上の箸をきちんと動かせるかです。

下の箸はそのままで、上の箸だけを、鉛筆で字をかくように動かせるでしょうか。

数字の1を書くように動かしてみましょう。

おすすめ箸トレーニング(レベル別)

上手に持てたら、ものをつまむ練習をしましょう。

箸先を使って、持ちやすくなるように転がすのもコツ。

いろいろな大きさ、質感のものをつまんで、少しずつ箸づかいをマスターしましょう。

<レベル1>丸めたティッシュ

<レベル2>細長い紙をたたんだもの…[1]ぎざぎざを利用してはさむ

<レベル3>細長い紙をたたんだもの…[2]紙の幅を利用してはさむ

<レベル4>細長い紙をたたんだもの…[3]ぎざぎざを箸で押さえ、まとめてはさむ

レベル4までできるようになれば、かなり上手に箸をつかえるようになるでしょう。

お箸マナーも身につけよう

お箸のつかいかたにはタブーがあり、下のようなつかいかたは「嫌い箸」といわれ、失礼とされます。

(学研の図鑑for Kids 入学準備の図鑑より一部抜粋)

いっしょに食事をする人が嫌な気持ちにならないよう、思いやりの心をもって美しく箸がつかえるといいですね。

箸づかいは一生もの。家族みんなで正しいつかいかたをこころがけましょう。

【本のごしょうかい】

1年生になるのが楽しみな子にぴったり!

『学研の図鑑for Kids 入学準備の図鑑』

箸づかい以外にも、生活習慣のルールやマナーがわかる図鑑。1年生の生活、お勉強のひみつ、交通安全、トイレの使い方など→学研出版サイト

RELATED POST
育児ミニ情報

【野菜たっぷりで簡単!】のんすけ*ラクちん幼児食レシピ

2019年8月15日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
幼児の味覚や、食べる力にあわせた幼児食。 でも、幼児にあわせて作ると、もう少し大きいお子さんや大人は物足りない…かといって、別々に作る …
育児ミニ情報

ハードルを下げることが大事…!?「ワンオペ育児」を乗り越えるための秘訣とは!

2019年3月19日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
はじめまして! 5歳と3歳の男児を育てています、クロと申します。 わが家のワンオペ事情 まずは家族構成なのですが… 基本的に、平 …
育児ミニ情報

【医師監修】子どもに多い溶連菌感染症ってどんな病気?~主な症状や治療の注意点についても~

2019年4月18日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
幼稚園や保育園に通うお子さんがいるご家庭では、「溶連菌(ようれんきん)感染症」という病名をよく耳にすると思います。 4~10歳に多いと …