育児ミニ情報

ママ友との習い事トラブル! つい出来をお友だちと比べてしまいモヤモヤ…【教えてトラブル対処法*専門家に聞きました】

子どもが習い事を始めると、送り迎えや子どもの出来不出来などで、ママ友との小さなトラブルが起きてしまうことも。だからといって、せっかく始めた習い事だし、子どもが楽しそうに通っていれば、やめるわけにもいかないですよね。
そこで、習い事に関するママ友との上手な付き合い方について、「ママ友トラブルフォーラム ママ友110番」主宰のなかさとさんにアドバイスをいただきました。

事例1)交代で担当している送り迎えが負担…。どうしたら抜けられる?

お友だち3人で同じ絵画教室に通っています。ママ友の提案で、送り迎えを3人のママで順番に担当することになっているのですが、実は、ちょっと負担に感じていて。

私は自分の子だけを毎回送り迎えした方が気が楽なのですが、いまさらなかなか言い出せません。どう切り出したらよいでしょうか。

なかさとさんからのアドバイス
不自然にならないよう、理由をつけて輪から抜ける方法も

“他のママたちと分担すれば、負担も分け合える”と、塾や習い事の送り迎えを何人かのママで協力することは、よくある話です。自分が当番ではない日はラクになることは確かですが、当番の日には子どもたち全員の安全はもとより、子ども同士のケンカや元気がないお友だちのフォローなどで気を張ることも多く、「これだったら、我が家だけでのんびり通いたい」と考えるママが出てきてもおかしくありません。

本音はなかなか言えないですよね。「実は、この前送迎時に自転車がいきなり出てきて、大人1人でヒヤッとした。1人では全員の安全を守れる自信がない」など、子どもたちの安全面を理由に送迎の輪から抜けるのが無難かと思います。あとは、一時的でも構いませんので送迎時間をずらす、寄り道するなどの理由を探してみてください。「しばらくの間は、一緒に行けないの」と言っておいて、少しずつ元に戻して、ママ友たちに不自然に映らないことを期待しましょう。

どんな時でも、ママ友の輪に入るのは簡単ですが、抜けるのはなかなか一苦労。ちょっとした決め事や約束などは、少し立ち止まって考えてみる時間が必要かもしれません。

事例2)優秀なお友だちと比べてしまいモヤモヤ

仲よしのお友だちとピアノ教室に通い始めました。お友だちは、ママがピアノ経験者なので、家でも教えてもらっていて、とても上手。一方でうちの子は、初めてなので、基礎の基礎。なかなかお友だちのようには進みません。

私が教えられたら…と劣等感を感じてしまいます。お友だちも自慢げにうちの子にピアノを弾いて見せたりするので、ちょっとイラッとします。そして、ピアノを弾いている我が子を見てご満悦のママ友の様子にもイラッとします。私って心が狭いですか?

なかさとさんからのアドバイス
まずは、お子さんの様子をみてから対応を

心が狭いだなんて、全く思いません!「比べてはいけない」と思いつつ、どうしても比較してしまうのが母親ではないかな、と常日頃感じています。

まず、お子さんの様子はいかがですか? ピアノ教室に楽しく通っていますか? 個人的には、お友だちやママ友の態度より、お子さんが気になります。習い始めは基礎からスタートするのが誰でも当たり前のことなのに、ママだけでなく、お子さん自身が、お友だちと比べて劣等感を感じていないか心配です。

お友だちのレッスン時間と、曜日や時間をずらしてみるのはいかがでしょうか?そもそも、会う機会がなければお友だちのピアノを見る機会はありませんし、ママ友の様子にイライラすることもなくなると思います。難しいようでしたら、それとなく先生に事情を伝えて、レッスン時間は誰にも会わない完全マンツーマンにしてもらうなどの配慮をお願いしてみましょう。

せっかく習い始めたピアノですから、ピアノが大好きになるよう親子でマイペースに楽しんでほしいと願っています。

 

―次回は、2021年9月12日の予定。
テーマは、「生活習慣の違いに困惑! ママ友トラブル」です。

お話をうかがった人/なかさとさん
「ママ友トラブルフォーラム ママ友110番」主宰
ママ友トラブルアドバイザー。自身の経験から、閉鎖的なママ友社会をうまく乗り切る方法を研究・伝授している。マンツーマンによる丁寧なフォローアップや、定期的に座談会などを行う。一児の母。
http://mamatomo110.com
イラスト/やまぎしみゆき

RELATED POST
育児ミニ情報

【上手な子どもの叱り方】伝え方を変えると子どもが見違える! 叱っても自己肯定感が育つポイント7

2019年10月10日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
前回は、子どものほめ方を紹介しましたが、一方で、叱り方についても気になるところ。 「うるさく言いすぎだろうか」と不安になったり、「子どもに …
育児ミニ情報

夏の季節に子供に増える『水いぼ』症状とケアを知っておきましょう

2018年8月10日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
肌の露出やプールに入る機会も多くなる夏。ぽつぽつと肌にできる水いぼにもなりやすい時季です。水いぼの症状とケアを確認しましょう。 水いぼ …
育児ミニ情報

【3歳・4歳・5歳のママ&パパに調査!】新幹線・飛行機でどう過ごす? ~子どもをぐずらせないためのアイディア42

2019年7月18日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
もうすぐ夏休み! 家族そろっての帰省や旅行を計画している人も多いでしょう。旅行は楽しみだけれど、長時間の新幹線や飛行機で子どもが静かに過ごし …