育児ミニ情報

子どもの左利き、どうする?【教育評論家・親野智可等先生に聞く】個性として尊重し、伸ばしていくのが、これからの子育て

お子さんが左利きと気づいた時、あなたならどうしますか?

一昔前なら、「早いうちに右利きに直した方が」と矯正することが多かったようですが、今では「左利きのままでいい」というのが一般的な風潮です。

今回は、公立小学校で長年教鞭をとってきた、教育評論家の親野智可等先生に、子どもの左利きについてお話をうかがいました。

お話 親野智可等

もともと生活や社会全般が、右利き仕様になっていた

世界的に見ても、人間の約9割が右利きで、左利きは1割といわれています。そのため生活や社会のさまざまなものが、右利き仕様になっていることが多いのです。

例えば、一般的なはさみ、スープをよそうレードル(注ぎ口のついたお玉)、電車の自動改札、自動販売機のコイン投入口も、右利き用に作られているものがたくさん。食事をする際にも、右手で箸が持ちやすいように、箸先が左になるよう置かれていることが多いですね。

わが子が左利きだったら、あなたはどうする?

長年小学校の教師をしている中で、さまざまなケースを見てきましたが、わが子が左利きだった場合に、親がどうするかは、大きく3つに分けられます。

【1】右利きに直す

小さいうちなら右利きに直せるはず。子どものためにも直してあげよう。

【2】両利きをめざす

右利きに直さないまでも、できたら右手でもできるようにしてあげよう。両利きは何かと便利だろう。

【3】左利きでいい

生まれつき左利きなら、それをいかしてあげた方がこの子らしく生きられるだろう。

【1】右利きに直す
~無理な矯正は、子どものストレス&自己否定感を生む

【1】を選んだ場合、親は子どものために、その方が後々楽だろうと思ってのことでしょう。

しかし、子どもにとって、左利きを直すことは、そう簡単なことではありません。つい左手を使ったときに、親から「左手じゃなくて、右手でしょう!」「何度言ったらわかるの!」と叱られてしまうことも…。

そういうことが続くと、「自分はダメな子だ」「努力不足だ」などと思い、自分を否定し、自信をなくしてしまう可能性があるのです。

無理な矯正は、子どもに精神的なストレスを過度に与えてしまう恐れがありそうです。

【2】両利きをめざす
~子どもはメリットを実感できず、否定感情を与える結果にも

では、【2】を選んだ場合はどうでしょう。

一見、両利きは大人になってから便利そうに思いますが、なぜ左利きの子だけが両利きにならなければいけないのでしょう?

子どもが「両利きになりたい!」と望む可能性や、その必要性を実感することはあまり考えられません。

親が両利きにさせたいと思うと、子どもが何かするたびに親は、「次は右手でもやってみよう」とか、「右手も使ってね」と声をかけ続けるでしょう。それもまた、子どもにとってはストレスです。

「このままの自分ではいけないんだ」「右手が使えないとだめなんだ」という否定的な価値観を子どもに植え付けてしまうかもしれません。

【3】左利きでいい
~個性として尊重。左利き用グッズも多彩に

最近では、左利きでも、矯正などはせず、そのままでいい【3】を選ぶ方が多いですね。

矯正に伴う子どもの精神的なストレスについてもわかってきました。また、社会が多様化して、左利きもその子の個性として尊重し、ありのままでいい、という考え方が浸透してきています

また、最近では、文房具やキッチン用品などでも、左利き用がたくさん登場しています。不便なく、生活できるよう考えられています。

さまざまな左利き専用のアイテムがそろう「専門店」

左利きには、天才や偉人、有名スポーツ選手も!

成長するにつれ、周りの友だちとの違いに気づき、「なんでわたしだけ左利きなの?」と聞いてくることがあるかもしれません。

そんな時は、「生まれつき、右利きの人もいれば、左利きの人もいるの」と伝え、もし子どもがそれをコンプレックスに感じているようなら、

「左利きの人の方が少ないけれど、気にする必要はないよ。できることを伸ばしていけばいいの。」

などと話して、個性を伸ばしていくことの方が大切だと伝えてあげましょう。

実際に、左利きの偉人や有名人について教えてあげてもいいですね。

例えば、レオナルド・ダ・ビンチやピカソ、ミケランジェロ、ベートーベン、エジソン、ニュートン、アインシュタインなどの偉人が、左利きだったといわれています。

また、スポーツの世界では、野球は、一塁に近い左打席の方が有利といわれているため、もともと右利きなのに打つときだけ左で打つ、イチロー選手のような右投げ左打ちの選手もいます。また、ピッチャーも左投手は有利という説があります。

サッカーでも、メッシ選手や本田圭佑選手など、利き足が左の選手は、「レフティー」という名称で呼ばれ、有名な選手が多いといわれています。

ぜひ、左利きにも素晴らしい点、いいことがたくさんあることを伝えてあげてください。

以前と比べ、左利きに理解のある世の中になってきています。でも、まだ不便を感じる場面もありますね。無理に右利き仕様に合わせるのではなく、左利きの子どもたちが不自由なく生活できる社会になっていくよう、考えていきたいですね。

お話 親野智可等(おやのちから)

教育評論家。長年の教師経験をもとに、子育て、しつけ、親子関係、勉強法、学力向上、家庭教育について具体的に提案。TwitterとYouTube「親力チャンネル」と、ブログ「親力講座」で発信中。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても著名。全国各地の小・中・高等学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会、先生や保育士の研修会でも大人気。詳しくは「親野智可等」で検索を。

ユーチューブ https://www.youtube.com/channel/UCUc4c_WHLviAYl-CBrCiWpw/videos

ツイッター https://twitter.com/oyanochikara

あわせて読みたい
入学前に知っておきたい! 通学、友だち、給食、勉強などの不安を 【教育評論家・親野智可等先生】に聞きました小学校の入学式も目前! 子どもの成長がうれしい反面、「通学は大丈夫?」「友だちができるかな?」「給食、残さず食べられるかしら?」などなど...
あわせて読みたい
【親野智可等先生に聞いた】子どもが伸びる夏休みの過ごし方~“非認知能力”を育む方法とは?~そろそろ夏休み、というお子さんも多いかもしれませんね。 しかし、休園、自粛など、少し前までおうちで過ごすことも多かったママ、パパに...
RELATED POST
育児ミニ情報

子どもの写真の撮り方~スマホで上手にかわいく撮るコツ9選~写真家に教わりました!

2019年10月17日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
初めて何かができた時、遠くへお出かけをした日、七五三などのイベントの時、ちょっとおしゃれをした日…。わが子がすくすく育つ過程の、“かわいい” …
育児ミニ情報

【小児科医がアドバイス】コロナ禍だからこそ気をつけたい! インフルエンザやノロ・ロタウイルスなど、感染症の疑いがあったら?

2020年12月17日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
新型コロナウイルスの大流行以降、感染症対策や予防について関心が高まっています。特にこれからの時期は、インフルエンザやノロ・ロタなど、冬の感染 …