育児ミニ情報

やってよかった習い事って? リアル体験談をアンケート!

大人になってみて改めて思う、「習い事」へのあこがれや後悔。「○○をやっておけばよかったな」「あの習い事、続けていれば今は違った人生だったかも…」などという思いから、ついついわが子に熱く習い事を勧めてしまうこともありますよね。また、他の家庭の習い事事情についても気になってしまうもの。そこで、4歳から6歳のお子さんをもつ保護者の方々126人にアンケートを実施! 大人になってみて「やっていてよかった」「やってもむだだった」「友だちのあの習い事、うらやましかった」などなど、習い事に関するあれこれを聞いてみました。

※アンケート調査:モニプラファンブログ「学研の幼児ワーク編集部調べ(2021年4月実施 126名)

 

保護者が子どもの頃やっていた習い事の一番人気は「ピアノ」

まずは、「子どもの頃、どんな習い事をしていましたか?」という質問。最も多かったのが「ピアノ」でした。続いて「習字」「水泳」と、今の子どもたちにも馴染み深い習い事が続いています。時代を超えても、人気のものは人気、ということなのですね。

また、「英会話」「そろばん」「絵画」など、日常生活でも役に立つ習い事もランクイン。

その他にも、

「琴」

「アイススケート」

「よさこい」

など個性的なものから、

「ダンス」

「空手」

「バスケ」

「陸上教室」

などの運動系まで、多種多様な習い事がありました。

 

子どもの頃に、習い事をやってよかったと思う人が大多数

次に、「子どもの頃、習い事をやっていてよかったですか?」と質問しました。すると、90%近い人が「はい」という回答。やってみたことは無駄にならない、ということなのでしょう。そこで、「どんなときに、習い事をやっていてよかったと思いますか?」という質問には…。

 

最も多かった、「ピアノ」を習っていた人は…

 

「楽譜が読めるだけで、音楽の授業があまりにも簡単に思えました」

「学級対抗の音楽発表会で、ピアノ伴奏者に選ばれて誇らしく思ったのが、今でもよい思い出です!」

「今でもときどき弾いて楽しんでいます。趣味があるのがうれしい!」

「幼稚園教諭です。ピアノを習っていたおかげで、資格をとるときも現場でも、かなり役立ちました」

「リズム感が身についている気がします」

「子どもが生まれてから、ピアノの音を聞かせたり、音遊び、うた遊びを楽しんだりしています。音楽がある生活は感受性が豊かに育つ気がします」

「集中力や度胸がつきました。コツコツと練習する必要があるため、努力の大変さも実感。できたときの達成感を味わえました」

 

ピアノをはじめとして、楽器ができる子は学校でも人気者。大人の趣味としても憧れますね。

 

続いて、2番目に多い「習字」を習っていた人は…

「字がきれいだと、なにせ恥ずかしくない!」

「さまざまな書類や、子どもの提出物、私物に名前を書くときなど、堂々と書けます」

「のし書きが得意です」

「年賀状の宛名書きもスラスラ書けます!」

「冠婚葬祭の名前書きには困らないし、社会人になって、文字で恥ずかしい思いをすることがないのがよかったです」

「字がきれいだねとほめられたとき、習っていて本当によかったと思います」

 

習字は、「大人になってから恥ずかしい思いをしなくて済んだ」という人が多いようです。確かに、きれいに字を書ける人は、それだけできちんとした印象を与えますよね。

 

3番目に多い「水泳」を習っていた人は…

「小学校の水泳の授業が楽でした。水泳のテストもあって、成績がつくので、習っていてよかったと思った記憶があります」

「身体が丈夫で持久力もつきました」

「大人になってからも、ジムのプールで思う存分泳げます。体力づくりやダイエットなどに役立ちます」

「プールや海に遊びに行っても、泳げるので安心感がありました」

「水泳の授業で、フォームがきれいだとベタ褒めしてくれる先生が、常に私を見本にしてくれたので、自分のやっていたことに自信をもつことができました」

 

小学校のプールの授業では、水泳をやっている子がキラキラ輝いて見えましたよね。大人になっても、ジムで華麗に泳いでいるなんてうらやましい!

友だちがやっていてうらやましかった習い事は

次に、「子どもの頃、友だちがやっていてうらやましかった習い事」を聞いてみました。一番多いのは、やはり「ピアノ」。続いて「バレエ」「水泳」と続きます。なにを聞いても「ピアノ」と「水泳」は強い! 具体的には、

「合唱コンクールのとき、ピアノを弾いている子が目立っていて、うらやましかった」

「学校の水泳の授業で、水泳を習っている子たちがとても上手にクロールをしていてうらやましかった」

などなど。習っていた人の優越感は、“はだかの王様”ではなかったことが伺えます。

 

また「バレエ」に対しては、

「バレエをやっている子は、姿勢もよく、立ち居振る舞いもかわいらしく感じた」

「衣装がきれいだし、華やかなイメージがあった」

「お金持ちっぽい、姿勢がよい、品がある!」

「バレエをしていた友だちは、大人になった今でもきれいな立ち姿で、首元がしなやか」

という声が聞かれました。バレエ経験者は、立っているだけで優雅な雰囲気。身体が柔らかいのも魅力ですね。

 

そのほかは、「英会話」「そろばん」などのインテリジェンス系や「ダンス」「テニス」などの“おしゃれな”運動系が人気。

「英会話」にあこがれた人は

「簡単な単語も意味がわからなかった私。すでにできている友だちを見たら、もう自分には無理だと挫折しました」

「外国人の先生相手に、楽しそうに話している姿がかっこよすぎた」

 

「そろばん」にあこがれた人は

「暗算が速くてすごい!と思いました」

「スラスラ計算していて、かっこよかった」

 

「ダンス」にあこがれた人は

「ヒップホップとか、かっこいい」

「かっこよく踊ってみたい」

 

「テニス」にあこがれた人は

「おしゃれなスポーツって感じ」

「中学に行って、テニス部に入りましたが、小さい頃からやっている子はレベルが段違い」

 

などなど。勉強系でも運動系でも、なにかひとつ特技をもっている人は、輝いて見えるようです。

今、子どもに習わせたい(習わせている)習い事の一位は「水泳」

最後に、「今、子どもに習わせたい(習わせている)習い事」について聞きました。ここでも一番人気は「水泳」。続いて「英会話」「ピアノ」と続きます。

わが子の将来を考えてか、「英会話」を習わせたい保護者が多いのが特徴的ですね。

 

「水泳」を習わせたい人の理由は、圧倒的に「体力をつけさせたい」。他にも「海で自分の命を守るため」「体幹を鍛えるため」など、丈夫で健康に育ってほしいという親心が伺えます。

 

「英会話」と答えた人の理由は、「将来必ず必要になるから」「自分が苦手だから、わが子には小さなうちから英語を身近に感じてほしくて」と、子どもの将来を見据えた意見が多数聞かれました。

 

「ピアノ」と答えた人の理由は、「子ども自身がやりたいと言ったので」「子どもが興味深そうにピアノで遊んでいたので」など、子どもの興味にこたえる形で始めるケースが多いようです。

 

「わが子になにを習わせようかな」と悩み始めると、きりがありませんが、どんな習い事でも、きっと将来「やっていてよかった」と思う瞬間はあるようです。とはいえ、実際にやるのは子ども自身。親の思いばかりが一人歩きしないように、子どもの気持ちに寄り添いながら、楽しく学べる習い事を見つけていきたいものですね。

RELATED POST
育児ミニ情報

インスタ投稿に学ぶ! 人気幼児食レシピで子ども大喜び!~#こどもごはん~

2021年4月6日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
子どもの毎日のごはん、献立を考えるのもたいへん! でも、せっかくなら、栄養をしっかりと摂りながら、喜んで楽しく食べてもらいたいですよ …
育児ミニ情報

旦那の帰りがいつも遅い!~ワンオペママをハッとさせた、住職さんの言葉とは~

2019年7月16日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
こんにちは!5歳と3歳の男児を育てています、クロと申します。 引き続き、私のワンオペエピソードを書かせていただきます。 忘れられない、住 …
育児ミニ情報

【医師監修】子どもの乾燥肌を防ごう!正しいスキンケアでかゆみSTOP!

2019年12月24日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
温度・湿度が下がる冬は、子どもの肌はカサカサになりがち。 粉がふいたり、ボリボリかいてしまったり…。今年こそなんとかしたい! と思っている …