育児ミニ情報

聞いて聞いて! 子育て・夫・義母…わたしのイラッとエピソード【ストレス解消】

年末年始、大掃除やお正月の用意でてんやわんや…。義実家とのやりとりや、ちょこまかと動き回る子どもたち…。やることが多くて、身も心もクタクタ! というみなさま。疲れていると「どうして私だけ…」と卑屈な気持ちになってしまいがちですよね。そこで、2歳から6歳までの子どもを抱えるママに、アンケートにお答えいただきました。不満が溜まっているのは、あなただけではありません!「わかる~」「あるある!」ということで、皆さんのストレスがちょっとでも解消できますように!

※アンケート調査:モニプラファンブログ「学研の幼児ワーク」編集部調べ(2020年12月実施/190名回答)

イラスト/藤本けいこ

愛しいだけじゃない! 子育ての悩み

まずは「子育てのストレス」についてお聞きしました。

最も多かった意見が「子どもが言うことを聞いてくれない」というもの。時間がないのに支度をしなかったり、公共の場でぐずりだしたり…。言い聞かせても効果がないとストレスになりますよね。

また、3位には「なかなか寝てくれない」という回答が。これも“寝たかな? やれやれ” の後にむくっと起き上がってくるわが子にガクッとなるパパママの様子が目に見えるよう!

「夫と子どもが寝た後の、貴重なひとりの時間。それなのに、寝たと思ったら30分後に“ここがかゆい、のどが渇いた”と、なにかしらの理由をつけて起きてきます。また寝かすとしばらくしてまた起きてきます。イライラが爆発しそう!」

「子どもが遊びに行きたいというので児童館を予約しました。でも、当日なかなか準備してくれなくて、イライラ…。私は行きたいわけじゃないのに、“早く”と催促していて、バカバカしくなりました」

「ごはんを作っても、食べたくなくて泣く長男と、ごはんを早く食べたくて叫んだり箸を投げたりする次男を1人で対応していて、つい声を荒げてしまいました。それから自己嫌悪」

子育ては本当にたいへんなときがありますよね。子どもにも“こうしてほしい”という理由があるので、親の思い通りに行動してくれなくても不思議はありません。でも親だって人間だもの。ときには、イライラをぶつけてしまっても、「ごめんね、ママ忙しくて余裕がなかったの」などと理由を加えて伝えてみるのはどうでしょうか?

なにしろイライラ! 夫の行動

「夫へのストレス」は、いろいろな要因が複雑に絡んでいる様子。一つのことだけではないというのも特徴的ですね。なかでも、最も多かったのが、スマホゲーム関連。ママがどんなにバタバタしているときでも、おかまいなしでスマホゲームに没頭している姿に怒り爆発!という声が多数寄せられました。

「子どもを寝かしつけながら、うとうとしてしまい、気が付いたら夜中になってしまいました。おもちゃの片付けも、洗い物も、洗濯物も途中だったので、眠い頭で作業。それなのに夫はなにもせず、スマホゲームをしながらゴロゴロで怒りマックス!」

「夫はスマホゲームが大好きで、放っておくと朝から晩までスマホを放しません。私は、寝不足で、家事と育児。たまにはゲームをやめて子どもと遊んで!と言っても、スマホ片手におままごと。スマホ片手に公園。もはや視線の先は子どもではありません」

続いて多い意見が「ゴロゴロしてばかりで、家のことをやらない」。

「私の体調が悪いときに、散らかった部屋、たまった洗い物を見て“休んだら?”“あとでしたらいいよ”と言う。思いやりのつもりだろうが、自分がやろうという発想はないのかしら」

「子どもがトイレを失敗したら、“ママー!トイレ失敗したって”。子どもがこぼしたら“こぼれてるよ”。子どもを寝かすときには“ママじゃないと眠れないって”。なにからなにまで報告するだけで、自分ではなにもしようとしません。まったく使えない」

「なにしろ家事に非協力的です。ときどき手伝いをお願いすると嫌な顔をされます。家のことは、お願いしなくても、住んでいる人がやるべきだと思うのですが…。たまに洗い物や洗濯をやると、ここぞとばかりにアピール。しかし、洗い物が終わったあとのシンク内のごみはそのまま、洗濯物もしわだらけ。ほんとうにがっかりです」

「共働きなので、休日の掃除は分担。夫が担当する部屋の掃除機のかけ方が雑で、棚の上や部屋の隅などがホコリでいっぱいです。注意すると “なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ!” と逆ギレ」

まったく家事に参加する意識がない夫もいれば、参加はするけど「手伝ってあげている」という意識があって無責任になる夫もいるようですね。子どもをしつけるのと同じ気持ちで、あきらめず、時間をかけて少しずつお願いすれば、意識改革してもらえるかも!?

文句を言えないから、もっとイライラ。義母へのストレス

最後は、義母についてのストレスを聞いてみました。やはり、夫や子どもに関連して、腹立たしいことを言われたり、全般的な生活習慣のズレにモヤモヤしたりすることが多いようです。

「仕事の勉強をしている夫に“家に帰っても、独身や子どもがいない人と違って勉強時間がとれないでしょう。かわいそうに”と言います。失礼すぎませんか!? 私に対して」

「夫の実家に行くと、ハイハイをする子どもがモップのようにホコリだらけになります。その手をなめてしまったりして、ハラハラ。義母はまったく気にする様子もなく、感覚のズレを感じます」

「1歳の娘におもちを出されて、のどに詰まるとあぶないので、まだ食べさせられない、と言ったら“過保護ね。これくらい小さくしたらだいじょうぶ”と言われました。母親は私なんですけど」

「夕食をもてなすときに、すき焼きを作ったのですが、野菜を足す段階で“ちょっと味付けがうちと違うのよね。味見していい?”と言われ、さらに“う~ん、なんか違うのよね”と不満げ。買ってきても文句を言われ、手作りしても文句を言われます」

「リサイクルショップで子どもの物をいろいろ買ってきます。使用済みの鼻水吸い器を買ってきたときは、言葉が出ませんでした。夫はうれしそうに“ありがとう!”と使う気満々。うそでしょ」

「子どもが3人いますが、出産祝いをはじめ、節句、誕生日、七五三、入園など、お祝い事をいっさい無視されます。ありえない…」

大人になってから、突然親族になるのですから、さまざまな感覚のズレはあって当然。全部にイライラしていては、こちらが参ってしまいます。すべてのことを分かり合うのは「きっと無理!」と開き直って、おおらかに対応するのも一案ですね。

子育てのこと、夫のこと、義母のこと…。悩みや不満をあげたら、山ほどありますよね。イラッとしたら気分転換。友達と愚痴を言いあったり、趣味に没頭したりして、うまくストレス解消しましょうね。

 

 

 

RELATED POST
育児ミニ情報

【アンケートで聞いた!】 きょうだい子育てあるある ~たいへん&ほっこりエピソード集~

2020年8月11日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
きょうだい子育て中のママ&パパに、てんやわんやの大変エピソードや、きょうだい愛にふれた感動エピソードを聞きました。きょうだい子育てに奮闘する …
育児ミニ情報

【専門家監修】その猫背は、座り方に原因が! 子どもの姿勢をよくする方法

2020年5月21日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
今、猫背の子どもが増えているといわれています。ごはんを食べているとき、お絵描きしているとき…わが子の姿勢が気になることはありませんか? 悪い …
育児ミニ情報

インスタ投稿に学ぶ! 人気幼児食レシピで子ども大喜び!~#こどもごはん~

2021年4月6日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
子どもの毎日のごはん、献立を考えるのもたいへん! でも、せっかくなら、栄養をしっかりと摂りながら、喜んで楽しく食べてもらいたいですよ …