育児ミニ情報

【イギリス政府が推奨!】「語りかけ」育児で子どもの言葉が育つ!


「子どもとどうコミュニケーションをとればよいの?」

「子どもの言葉を育てたいけど、どうすればよい?」

そんな悩みをもつママ・パパへ。

0歳からの接し方で、子どものコミュニケーション力がぐんと伸びるメソッドがイギリスで推奨されています。

それが、「語りかけ」育児。

『コミック版 0~4歳 わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児』を監修した言語聴覚士・中川信子先生にお話を伺いました。

お話/中川信子(言語聴覚士)

「語りかけ」育児って?

「語る」には「親しく交わる」「いっしょに」という意味合いがある

  • イギリスのスピーチセラピスト(言語聴覚士)のサリー・ウォードさんが提唱した育児法、ベビートーク・プログラムのことです。
  • 「言葉を聞かせ、教えて伸ばす」という考え方ではなく、子どもの「聞く力」と「注意を向ける力」が育つように意識して関わることが特徴です。
  • なお、「話しかけ育児」ではなく「語りかけ育児」なのは、「語る」には「親しく交わる」「いっしょに」という意味合いがあるからです。

 

「語りかけ」育児で、「コミュニケーション力が発達」「集中力アップ」!

  • 「語りかけ」育児を実行した多くの子どもたちは、「コミュニケーション力の発達」が促され、すぐれた知的能力が育ち、「集中力」「語彙力」「IQ」が身につくなどの結果が証明されました。
  • さらに、「心の安定」「大人への信頼感」「自分の気持ちをはっきり言える」など、将来、社会で生きていく時に必要となる力の基礎が固まります。

 

「語りかけ」育児の5原則!

「語りかけ」育児はとても簡単!特別な場所も道具も必要ありません。

次の5原則に気をつけて、子どもとの時間を楽しみましょう。

① 1日30分、子どもと一対一でお話しする時間を

  • 続けて30分が無理なら、こま切れに5分ずつなど、合計30分でもOKです。
  • 開始のタイミングは、「お母さんの手が空いたとき」「子どもから手伝ってよ、遊んでよ、こんなのができたよ、などのアピールがあったとき」。
  • いきなり、「さあ、遊ぼう!」「これをするのはどう?」と強引に誘うのはNGです。
  • しばらく横で子どもがやっていることを見ていると、「あ、お母さん、今は余裕があるんだな」とわかって、やってほしいことをアピールしてくるようになりますよ。

 

② 静かな場所で

  • 気が散らず、大人の声だけが聞こえる環境を作ります。
  • 「聞く力」と「注意を向ける力」を育てるには、ひとりの大人の話しかけに耳を澄まし、言葉をはっきりと聞く機会がたくさん必要です。
  • テレビやタブレットをオフに、他の人が出入りするのもできるだけ避けましょう。

 

③ なるべく短い文で、はっきり、ゆっくり話す

  • 擬態語や擬音語、表情や身ぶりも使って、小さい子にも分かるようにしましょう。
  • 声は、大きく、高めに、はっきりと。
  • 子どもの言いたいことを代わりに言ってあげたり、話を膨らませたりしてください。

 

④ 子どもが主役!

  • 「自分の言うことを大人がちゃんと受け止めてくれている!」と思えるよう、子どもの興味に大人が合わせましょう。
  • 大人の都合で、物や動きに子どもの注意を無理に集中させようとしたり、言葉を繰り返させたり、教え込もうとしたりするのはNG。
  • 子どもの視線の動きによく注目して、合わせましょう。ここで気をつけたいのは、「子どもが興味をなくしたらやめる」ということです。

 

⑤ 否定の言葉は使わない

  • 「ダメ」「いけません」などの否定の言葉は極力使わないようにしましょう。
  • 子どもの発音や、言葉の間違いを無理に直そうとせず「○○だよね」と、さりげなく訂正するようにしましょう。
  • あらかじめ触られたくない物は片づけて、好きなように動けるようにしておくことがポイントです!

 

「語りかけ」育児の実践例を紹介!

<3~4か月の例>

ベビーベッドに寝ている赤ちゃんの横を通って、ベランダに洗濯物を干しに行きます。

赤ちゃんがお母さんの動きを見ているので、

「あら、目が覚めてたの? 今、洗濯物を干しに行くところ」

「○○ちゃんのガーゼもあるよ、ほら、ガーゼ」(と目の前に近づけて見せる)

ポイント解説!
  • やっていることや、できごとについて実況中継をしてみましょう!
  • ガーゼもあるよ、ほら、ガーゼ」のように繰り返しを多くすると、赤ちゃんに届きますよ。

 

<1歳3か月の例>

声と指さしで伝えようとすることが多くなり、少しずつ“言葉”らしきものが出始めている頃ですね。

日中だけれど、室内が暗いので何の気なしに明かりをつけたら、

子ども:「あえ?」

    (と明かりを見て「あ、あ」と指をさす。)

親  :「明かり、つけたのよ。暗かったから」

子ども:「あー、あー」

    (もう一度、明かりを指さして、少し低い声で)

親  :「なあに。もういっぺん消すの?」

子ども:(だまって天井の明かりとお母さんの顔を見くらべる)

親  :「はいはい、ご要望に応えまして。ほら」

    (と消す)

子ども:(にっこりして親の顔を見る)

親  :「明かり、消えたね。ちょっと暗いかな?」

ポイント解説!
  • 原則④の「子どもが主役」がポイント。子どもが興味をもつものやできごとを取り上げてあげましょう。

 

<3歳の例>

おもちゃの電車をレールの上で走らせて遊んでいます。レールのつなぎ目がずれていて、電車が通るときにガタン!と揺れました。

子ども:「お母さん、ここ、なんか変」(と電車を指さす)

親  :「え? なんか変なんだ。うまく走らないの?」

子ども:「うん。ガタン!ってなる」

親  :「ガタン!ってなるんだ。なぜだろう? ちょっと走らせてみるね」

子ども:「うん」

親  :「あ、わかった。ここのレールの継ぎ目のところがずれてるんだよ。もう1つ小さいレールを足してみよう。そこのをとって」

子ども:小さいレールの部品をとってくれる

親  :(はめてから)「もう一度走らせてみて」

子ども:(走らせてみて)「なおった!」

親  :「よかったね」

ポイント解説!
  • 子どもが話したことを膨らませて返してあげましょう。
  • 「なんか変」「うまく走らないの?」「ここのレールの継ぎ目のところがずれてるんだよ。」

 

言語聴覚士・中川信子先生からのメッセージ

「言葉を育てるには、たくさん言葉をかけてあげてください」と言われてきましたが、これは半分は本当で、半分は間違いです。

「たくさん」ではなく、「適切な」が大事なのです。

最近の赤ちゃん研究で明らかになってきたのは「自分が出した声に大人が応じてくれた」「自分が興味をもっている同じものに、大人も興味を向けてくれた」という経験が、言葉やコミュニケーション力を育てるということです。

適切な言葉のかけ方とは、子どもの行動をよく見て、「子どもの興味が向いた時に、子どもの興味が向いているものについて話す」ことです。

なにをしたらよいかを赤ちゃん、子どもの方が教えてくれるのですから、コツさえつかめれば簡単です。

ぜひ、練習してみてくださいね。

 

●お話/中川信子

言語聴覚士。「子どもの発達支援を考えるSTの会」代表。旭出学園教育研究所、神奈川県総合リハビリテーションセンター、調布市あゆみ学園などを経て、言葉が遅い・発音がはっきりしないなどの子どもの相談・指導などにあたる。『コミック版 0~4歳 わが子の発達に合わせた「語りかけ」育児』(小学館)を監修。著書に『1・2・3歳 ことばの遅い子』(ぶどう社)などがある。

 

RELATED POST
育児ミニ情報

「子ども同士のトラブル」でママ友と不穏な空気に…!【教えてトラブル対処法*専門家に聞きました*】

2019年10月15日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
前回は、ママ友とどんなトラブルを抱えているのか、130人のママからアンケートの回答を得ました。今回は、いちばん多かった「子ども同士のトラブル …
育児ミニ情報

【医師監修】熱中症対策でするべきことって?~症状や応急手当、救急車を呼ぶ目安についても~

2019年7月2日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
7月になると、熱中症になる人が急増します。 特に乳幼児は体温調節の機能が未熟なため、十分な暑さ対策が必要となってきます。 少しでも様 …
育児ミニ情報

幼児期にできる「読解力」を育むヒント~「人間力」「学力全体」の成長にもつながるスゴい力!~

2020年4月30日
りんごちゃんのおけいこラボ | 学研の幼児ワーク
「読解力」と聞くと、小学校に入ってから、「国語」の授業で身につけていくもの?というイメージがあるのではないでしょうか。 でも、実は「読解力 …